思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協力隊OBとの飲み~その2

以前記事にした協力隊OBの方々との飲みだけど、あれ以降も何とか連絡先をゲットして
細々と「また飲み会あったら誘ってくださいよ」「今度はもっと飲んで話したいっすよ」的なアプローチを
打っていたらなんと昨日誘ってもらえ、また飲んできてしまったw見知らぬ大人の方々に対してここまで
ぶっこめる自分はある意味たくましくなってきたと思うw


このアクティブさ、たくましさがなぜ恋愛で発揮できないんだww


おいといて
今度はその時にザンビアに派遣されたメンバーの同窓会みたいな感じで、結構大規模みんなで
15人くらい?の飲み会。約束を取り付けるまではいいものの、時間が近づくとあー大丈夫かな、
切り捨てられたら、はぶられたらどうしよう・・・
と不安にかられるものです。
こういうのもデートと一緒かw

でもいざついてみると、相変わらずのカオスっぷりで皆社会人で火曜日の夜だっていうのに、
がんがん飲むし、わいわい騒ぐし、でノリは学生の飲みのそれに同じだった。っていうかやっぱり
途上国で2年間活動してきただけあってみんなキャラこいし、声でかすぎww
野性のよく通る声が自慢の僕よりもはるかに通る声でみんな話し続けるので、やかましいことこの上ない。
2回目なのに1回目と同様圧倒されました。

阿呆な話をしつつも(10回くらい東大生の女の子と合コンしたいって言われたw)まじめな話も
いくつかひろってきた、まぁ馬鹿な話ばっかしててもよかったんだけどw

まずはリスクの話。
やっぱり日本では欧米に比べてこういう海外ボランティアに対する評価って低いらしい。
例えば新卒で2年間協力隊に出たとしたら就活はある程度不利になるし(このご時世でさらに不利ってw)
再就職で行くにしても若干あたりが厳しくなることが多いという。だから最近では、就職して
会社の留学制度みたいなのを使って行く人が増えているという。
JICAの人事の方も来ていて話を伺ったんだけど、質問事項としてそのような制度を使いたいんだけど
どうしたらいいのかとか、再雇用の推薦状は書いてもらえないのかだのという質問が増えていると
その軟弱っぷりっていうか、保身な態度を嘆いていた。

そういう点では自分は結構risk-loverな気が最近している。
根拠は全くないし、就活自体やってないから知らんけど、そこまでやりきったらっていうかぶっ飛び
きったら就活に多少不利だろうがなんだろうが、なんとかやってけそうな気がするし、むしろその状況を
楽しむことすらできる気がするし。ヤべぇホントに根拠ないwwこれきっと自分の一番危ない所w
根拠なしの自信でリスクを愛する。少々危なすぎるか。


あとはお金の話。
協力隊を2年間送り込むだけで一人当たりJICAが負うコストがなんと1千万円だという・・・
一千万円ってwwはんぱねぇ。だからそれに見合うだけの仕事をしなきゃいけないし、ある意味現地では
日の丸を背負っているようなもんだから、自分に対するパフォーマンスだけじゃなくて、日本としての
パフォーマンスにも責任を持たなきゃいけないという。

うーーんたしかに。もしそういうのに行くとしても史上最低性悪自己中人間の自分としては、
自分に対するパフォーマンスだけを考えればいい気がしてるけどODA使っていく以上は
(言い訳程度にはww)お国の事も考えなきゃいけないんだろうな。
そこまで精神的に成長して、性格改善、人の気持ちになれる大人になれっていう事だろうか。
難しいな。(いや、そこは頑張れって感じだけどw)

************************************

でも飲み会に来ているメンバーを見る限り、みんな多少の事では揺るがない精神的な強さとか、
異文化でやってくためのユーモアを例外なくみんなが持っていた。これはすごい驚き。
いい意味でも悪い意味でも、変わった人が多すぎるwでもだから魅力的に感じるのもまた事実か。

************************************

今回は二人の方と連絡先を交換できたし、自分がどういう選択をするにしてもこういう
完全にぶっ飛んだ方々とのつながりは大切にしていきたいものです◎





↑こんな史上最低性悪自己中人間に愛の手をww
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。