思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミントティーを飲みながら

思いはせる雨の夜。


ついに(っていうかいよいよ?)研究室を選ぶ時がやってきたーー。
ぶっちゃけ事前情報とかである程度絞り込んでたし、先生の人柄からも決めてたと言えばそれまでだけど
「自分の中で決めてること」と「選択しちゃうこと」はやっぱり違う気がする。先生あての研究室訪問の
お願いメールを完成させて、あと送信してしまえばこれでほとんど選択してしまったことになる。
いったん気持ちを落ち着かせがてら記事を書く次第である。


いったいこの送信ボタンの先にはどんな未来が待ってるんだろうか。
「自分でやれる自信がないならやめたほうがいいよ」とうわさされる研究室w
うまくいけば学士卒論で一か月途上国放置プレーもありうるという研究室ww
自分はここでうまくやってけるのか―と柄にもなく少し尻込みしてる気がしないでもない。

うーんでもやっぱ、そんなことはないかww興味ある分野だし、長いこと没頭してみたいと思ってた
分野だし絶対自分はやっていくはず。むしろ尻込みしてるとしたら、その研究室の内容じゃなくて
「研究室」という新しい閉鎖的なコミュニティーに足を踏み入れようとしてることかもしれない。
まぁこればっかはどこでもどうせ考えることだし言ってもしょうがないけど。


冷静に見れば別になんてことない選択な気もするけど、この送信ボタンを押すことがなんだかもう
後戻りできない選択に感じてしまうのは何でだろう。自分が没頭する予感がするからかな。
この研究が好きになりすぎたらもしかしたら留学留学と騒ぎ出すかも知れないし、それこそボラン
ティアとか行って休学しちゃいそうな気もするしw大丈夫なのか自分の人生はwww

まぁでもきっとどう騒ごうと大丈夫であろうことも同時に予感してる(気がする)。


なんか最近えらく選択について色々考えてしまう。時期が時期だけに。
世の中は選択肢にあふれてるし、常にそれこそワンモーションワンモーションに選択を迫られるけど
やっぱその時その時で全力で考えて妥協せずに出した答えを尊重したい。そしたらあとから思いだした
ときに「あーーーーもとこうしときゃよかった」って思わずに済むから。「あん時のお前はそう考えたん
だからヤムナイヤムナイ」こうやってすべてを振り返れることって結構強いなと最近思う。
そのためにもブログとかチラシの裏とかに自分が選択した動機をメモっとくのって効果的よねー。
自分の選択に自信を持てないような人間にはなりたくないし、自分の選択を後悔するような人間にも
なりたくないぜよ。こんなこと考えながら最近生きてます。




というわけでいろいろ考えたけど送信ボタンを押したろう!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。