思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動き出す

なにやらやたらめったら動き回った一週間が終わった。
ひたすら濃密に予定を組んだこともあって、振り返ってみるとすごい一週間が長く感じられる。
月曜っていつよ?wってかんじである。うん、これでいい。自分はこういう生活がショウに合う。


昨日は特にinterestingな一日だった。
もしかしたらっていうか、もしかしなくても結構機転になる一日になったと思ってます。

************************************

お昼にお会いした女性は、塾長の紹介で会うことができた方だったんだけど、早稲田大学で建築を専攻し
卒業後パシフィックコンサルタンツ(PCI)に三年間勤めた後やめて、大学の研究員・助手として
働いている方だった。自分が今現在目指しているものの実際の現場を知ってる方と、フリートーク形式で
お話をするのは実ははじめてだった。会社を「やめた」という事もあって、実際の仕事の内容だけでなく
かなり黒い部分まで色々とうかがってきたんだけど、やっぱり理想と現実・建前のギャップというのは
かなり大きくあるというような話だった。まーそりゃそうだろう。

でもなんだか不思議と「あ、やべーじゃ無理かも」みたいな感情は生まれなかった。なんでだろう?
むしろお茶くみから始まる生活でもそこから何とかはいあがって、そういう建前の環境の中で自分の
クオリティーをにじませていけるような人間になりたい。若さゆえにこういう感情なのかも知れないけど
それでもやっぱり、こういう雑草魂みたいなのはこれからも大事にしていきたいなー。

最近の学生は小さく収まろうとするから野望は捨てるな

ともいわれた。これはちょっと自分の中で響く言葉だった。ほんとにね、いまリスクとか考えて野望
切ってったらきっと間違いなく縮こまった人間になってしまう気がして。これについては後日もう少し。


あと、この方は早稲田大学でアンコールワットの周りを発掘するプロジェクトに参加しているらしく
もしかしたら、主宰している教授とコネを計ってくれるかも!もちろん確定ではないしコネが生まれた
ところで何かが起きるとは限らないけど、そろそろフィリピンがどん詰まりになりつつあるので
来年に向けて新しい可能性が生まれてきた事がうれしいすぎる。この件は結実を願うばかり!!


************************************

さらに夕方には希望研究室の井上教授ともお話をしてきた。

インドネシアの東カリマンタンを中心としたフィールドワーク・社会開発・地域研究を主とする
教授だけど、やっぱり話を聞いて自分のやりたいこととどんぴ者である確信を得た。
さらにゼミにJICAの専門家や開発コンサルの人が学生としていたりして、ここでも生の声を聞けることに
なりそう。これは正直デカイ!協力隊経験者も結構いるっていう話だし・・・。

研究室の話を聞くついでに、これから先やっていきたいことについてもアドバイスをもらった。
院は行くにしても留学とかもいろいろ考えてます、という話をしたらタイミングなどいろいろアドバイスを
下さった。「先達はあらまほしきことなり」という徒然草の一節を最近友人が取り上げていたけど
まさしくそのとおりだなぁと感じる。同級生や先輩にもいろいろ相談したり、お互いのやりたいことを
突き詰めていったりはするけど、どうしても「先達」という視点は満たすことができない。
こればかりはやっぱり経験・年の功である。昨日の話のおかげでだいぶ自分のビジョンがはっきりした。
やっぱりこういうビジョンを持つと原動力が違う。頑張らねば。

さらにさらに、専門書を3冊も貸してもらうことに成功した。
研究内容のハードルが高いために3年間内部進学がいなかったこともあって、おそらくは囲い込み政策の
一環だとは思うけど、それがわかっててもやっぱり自分のためにここまでしてもらえル事は嬉しいこと
だったりして。だって直接的に自分の成長につながるし。


************************************

思えばなかなか面白い事実に気づく。

実はちょうど去年の今頃、春のフィリピン行きが決まり、塾長と初めて会っている。
それもどちらも東大に来ている高校の友人の紹介で。

フィリピンの学生団体のほうではその後、井上教授にアドバイザーとしてたびたびお会いしてお話を
させてもらったり、授業でも少し目をかけてもらったりしてきた(たぶんwちょっと自意識過剰かな?w)

一方塾長とはもちろん、雇用者と労働者という関係ではあるけど飲みにもつれていってもらってるし
いろんなことを話し、相談しよい関係を築いていっている自信がある。

一年前に出会った人が、新しい人を導いたり、関係を醸成することで来年につながっていこうとしてる。
一年前につかんだ糸が、新しい糸を紡ぎ、また大きな流れを引き寄せようとしている。

どうしても農学部だからかこう考えるてしまう。
高校時代に培った友人との関係という種が成長し、去年の暮れに2つの実として種を残した。
今年はその種をうまく育てることができて、年末の今また来年に向けて面白い種をつけようとしている。
もしかしたら種をうまく育てられただけでも今年はいい一年だったといえるのかも!


人と人とが確実に連鎖しようとしている。
チャンスは見逃さずにちゃんとつかまないとね!



さて今週はさすがに疲れた。今日はしっかり寝よう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。