思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メモ】青年海外協力隊と"プロボノ"の協働可能性

エルサルバドル 村落

"プロボノ"っていう概念、もっと知られててもいいと思うのに意外と知られていない。

かくいう僕も多分大学時代にこのプロボノに関わっている友人に出会わなかったら、この言葉

を見ることもなく過ごしていたような気がする。プロボノとは、、

プロボノ(Pro bono)は、各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや
経験を活かして社会貢献するボランティア活動全般。また、それに参加する専門家自身。
最初は弁護士など法律に携わる職業の人々が無報酬で行う、ボランティアの公益事業
あるいは公益の法律家活動を指した。弁護士による無料法律相談、無料弁護活動などが
含まれる。現在も弁護士の業界において、もっとも浸透している。(wikipediaより)



だそうだ。こんな記事「ビジネス・パーソンなら、ボランティアはするな!「プロボノ」で自分もNPOも
社会も変える時代」
という記事も出てるくらいで、そんなに超有名じゃないけど、まぁまぁまぁ
というくらいには浸透している言葉らしい。


今回はこのプロボノとワレワレ青年海外協力隊がホントはもっと近くにいてもいいんじゃない?

というそんなお話。
===
後出しジャンケンもイイトコだろっていう話なんですが、実は協力隊に合格した時から現地に行ってから、
日本にいる人となにか協働で現地のためになることできたら面白いんじゃないか…とか思ってる時期も
あった。いや、ほんとにいまさらやな、お前という話は置いといて。当時はtwitterとかのハシリの時代
だったということも後押しして。

現地で働くうちにそんなことすっかり忘れて、絶望と挫折の間を行ったり来たりしてたわけですが、
先日ふと「ああこれ自分たちでは取り組みようもないな」という課題にぶつかった。
解決すんの難しいなっていう問題は数多くあれど、「取り組みようもないな」はなかなか無い。

事の発端はプロジェクトの中で貝に「UV殺菌済み」の付加価値をつけようという話になった事。
だけどここエルサルバドルでは、UV殺菌なんていうのは全然認知度なく、まずはほかと区別出来なきゃ
意味が無い。手始めに区別できるように「UV殺菌済みロゴ」を作ろうかという話になったのですが、、


・・・誰が作るの?

同僚はみんな生物学者、専門家はスーパー過ぎるけどデザインって感じじゃない、当ボランティアは
絵を書くと何故か立方体や円錐など図形の集合体になってしまう病気。さて、どうする?

苦肉の策として、まず同僚にたたき台を作ってもらって、それをブラッシュアップして(誰が?)
何とかしてみようということに。というわけで同僚にお願いしてみて出てきたのが・・・


concha_iris.jpg


お、おうぅ・・・


なんだろうこの、こみ上げるゲゲゲの鬼太郎感は。
いや、言いたいことはわかるし、たたき台なんだけど。
こみ上げる。こみあげるぜ~~~!





concha_iris_pie.jpg

太ももぉおおおおおお!!!





concha_iris_mano.jpg

何故か4本の指ぃいいいい!!!


で、これ、誰がどうやってブラッシュアップしようか・・・?
==

そう、ここで行き詰まったんですね。これ以上この問題には「取り組みようがなく」なった。
協力隊は勿論だけど、国際協力のフィールドではリソースが非常に限られてる。
村落開発普及員(現行はコミュニティ開発)とか、一番草の根で働いていてニーズも見えてくる
はずなのに、たまにそのニーズが自分の手の届かない分野に吹っ飛んだりする。
なんでも取り組んでみるのが我々の取り柄ですが、それでも手の届かない部分がある。

特にデザインなんてその類だなぁと、そっちに疎い自分は常々感じていた。
多分どこの国でも、どこの地域でもある程度必要になるにもかかわらず、わざわざそこには
人員を割けない分野。そういうスポットは確かに存在している。


そこで出てくるのが今回取り上げた"プロボノ"の存在である。


===
万策尽きた感のあるエルサルバドル養殖研究所から、ダメ元で僕がツイッターで協力者の募集を
半分ワラにもすがる気持ち(そして半分ネタ)で行なってみたところ・・・(この時はプロボノ
のことなんかすっかり忘れてた)







うおおおおおおお!
お会いしたことない、ホンモノデザイナーの方から返信キタァーー!!


なんとまさかの展開で、多摩美で修行をつまれた@yagijuさんこと、八木澤純さんがお手伝いを
してくれることに。お会いしたこともないのに!ワタシのゲテツイートを見てくれただけなのに!

それから数度のやり取りの中でコチラのムチャぶりを投げまくります(ぉぃ…
やっぱりカワイイ系でせめて欲しいこと、そして一番大事で難しいのが、デザイン慣れしていない
エルサルの人でも分かるようなホンモノに近い、だけどシンプルなデザインであること。
今考えると、俺どんだけのものを求めてんですか・・・って感じですが・・・。

八木澤さんは本業もお忙しい中、こつこつ制作してくれました。
そのたびに、もっとあんな感じ、もっとこんな感じ、いやここはそんな感じ!とワケワカメの
抽象ちゃちゃを入れるイトウ隊員!お前もう死んだらエエよ。

そんなやり取りを続けること、はや一ヶ月。

できたのがこちら・・・・









貝 UV殺菌 ロゴ concha depurada


!?


ええーーー!?
なんか超スゴイの出来ちゃってるーーー!!
これがプロなの?プロの仕事ってこんなスゴイの?

っていうか最初のから進化し過ぎだろ。コイキングがギャラドスどころの騒ぎじゃねーぞこれ!!
うおおおおおおおおおお!同僚も大絶賛!



さらには・・・

貝 UV殺菌 ロゴ concha depurada

おまけです、とかいって小さいバージョンも作ってくれてるーーー!!!
八木澤さん、世界に神はいたんですね~。そうだ!アナタが神だ!もうなんていうかこれ本業として
受注してやるレベルじゃないんですかね。メインロゴだけでもお口パクパクモンダミンなのに
ミニロゴまで作ってくださるなんて、俺の三兆倍位ボランティアじゃないか!おれ、自らを恥じるよ。
あなた一体どんなボランティアスピリッツだよ。





いや違う、これが プ ロ ボ ノ か・・・・。

なんと八木澤さんは今回の仕事を全部無償でやってくれたのでした。
これにはうちのスーパー専門家も、さすがにこれでタダはマズイんじゃないか?と唸るレベル。
これから僕の帰国後もプロジェクトの中で、UV殺菌システムの看板として中米中に広まっていく所を、
写真でお伝えしていくことで今回のお礼とさせてもらうことになりました。

==
様々な技術を持ちながらJICAボランティアが働いてるわけですが、世界中の草の根レベルで
働いてるわけですが、自分がそうであったようにきっと多くの人が、あとこれさえ
手が届けば・・・でも届かない、、ということを経験してると思う。

一方で専門性はあるけど、わざわざ途上国まで行く暇もなければゆとりもない。
専門の仕事は持っててそっちから手を離すわけにはいかないけど、開発援助にもちょっと興味ある。

そんなニーズをマッチングさせるのがプロボノという概念であり、今回のツイッターのような
SNSツールなんじゃないかなぁと個人的には思う。ほとんど世界中でネットが使える現代世界、
協力隊も自力でゴリ押しするだけじゃなくて、一歩引いて誰かに助けの手を求めてもいいと思う。
逆にわざわざ猫も杓子も外国にでなくても、国際協力ができちゃう世の中でもある。


本当はそういうのをひと目でマッチングできるようなサイトが、もっと活性化するといいんだけど。

自分のできないを、あなたのやりたい(できる)で補うっていうのはなんとも素敵じゃないだろうか。




というわけで、どなたか協力隊とプロボノのマッチングサイト作ってください。もちろんプロボノで!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
すごい!とても素敵なロゴが出来ましたね!
プロボノという言葉初めて知りました。
このマークがエルサに浸透するといいですね^^
2012/12/06(木) 13:36 | URL | あや #-[ 編集]
Re: No title
ほんとうに素敵ですよね。僕もこのマークが非常に気に入りました!
協力隊としての活動の最後にこのようなコラボレーションができて良かったです。
このブログの"協力隊編"も残り一ヶ月ほどとなってきましたが、これからも
ゆるりと最後の日々を綴っていこうと思うのでよろしくお願いします。
2012/12/07(金) 23:35 | URL | shogooon #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。