思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、明かされる派遣理由

DSCN2932.jpg

怒涛の一週間が終わった。

今週は、貝類のプロジェクトの目標指標(種苗生産数やら裨益人口やら)を、日本側とエルサルバドル政府

とプロジェクトの間で話し合い、現在の問題点なども含めてコンセンサスを取るという会議に、なんと


オブザーバー! 

として参加させてもらった。アタクシ一介のボランティアなのに、なんだかエラくなった気分です。

ほっほっほ
===
このために、以前はこのプロジェクトで専門家として働き、同僚から幾度と無く名前だけは伺っている
というお方も日本側の代表としていらっしゃり、(もう任期も終了に近いんですが)やっとお話をさせて
もらうことができた。実は去年も別件でエルサルバドルにはいらしており、会えそうだったんですが
カノ豪雨事件とぶち当たり、任地まではいらっしゃらなかったというニアピンぷりなので、今回は
僕としては待ちに待ったようやくのご対面となったわけでした。


その中で、自分の要請を出すときの話も(ここにきて)遂に詳細を聞くことができた。


(協力隊の実情とのミスマッチは協力隊批判の中でも、かなり多くの部分を占めていて去年の
仕分けでも随分と大仰に叩かれていたポイントでもある。実際に、自分の知ってる限りでは現行隊員の
多くが「なんでここに派遣されたんだろう・・・」と悩みポイントの一つでもあり、尋ねる先すら
見つからないケースも多いと思う(要請を上げた人間が要請→派遣の間に離任してるケースが多い)。
そういう意味では、たとえ最後の最後になったとしてもここで自分の要請時の状況とかが分かったてのは
ラッキーなケースだったと思う。)



2008年のプロジェクトの終了時には、種苗生産はともあれ生計向上までは手が回らなかったこと。

生計向上モデルは作成したものの、うちの配属先にはその「普及」までの期待は望み薄だったこと。

当時は継続プロジェクトなさそうだったので、モデルの普及を協力隊員に任せることになったこと。

「配属先の協力」という観点でその協力隊の活動は難易度の高さが予想されてたこと。(←おーい!笑)


などなど。たまらず、
「いや、実際ほんとに苦労したんですよ!全くこれが!!」とぶーぶー言ってみると
「でも派遣されてきたのが伊藤くんみたいなので良かったよ!がっはっはっ」と笑い飛ばされた。

なんか普通ならこれムカッときてもおかしくないところなんだけど、その人がすごく気持ちのよい人で
こっちまで、がっはっはっという気持ちになってくるのが、人としての不思議な魅力だなぁと思う。
惹きつけられるというかなんというか。

そして、色々挫折して苦しいことはかなり多かったけど、確かにここに配属されてよかったな、
という感情を実は自分が持っているという事にも気付かされた。元の元までたどれば、2000年頃から
始まっているこの貝養殖プロジェクト。多くの人が関わり、いろんな思いとアイデアと苦悩が絡み合って
ここまで来たに違いない。多くの魅力的な熱い男たちによってここまで進んできたことを思うと、
今自分もその一つのパートになれたことが、どこか誇らしくも感じられる。(貝関係の仕事に本格的に
着手しだしたのは、実は最後の半年くらい、という内緒の事実はこの際おいておこうww)
自分個人としてはもう本当に最終局面に差し掛かってるので、少しでもいいカタチで次のダレカに
つなげていければと考えている。

===

DSCN2934.jpg

そんなわけで、オブサーバーとして参加した会議には、うっかり同時通訳まで請け負っちゃったりして。
まぁ同時通訳という程でもないんですが、要点と議論の流れを訳すことに・・・。

デモ コレ ムッチャ ムズカシ~~~

予想はできてたことですが、内容をある程度把握しているプレゼンを訳すのと、どこに着陸するかも
分からない議論を訳すのではぜんぜん難易度違いすぎワロタw西語の意味はわかってもぱっと日本語に
変換できないような語彙も多数あって、大混乱。とりあえず要点中の要点を外さないように頑張り
ましたが、なんとも無能感満載でした。ほっほっほ!


===

にしても、本当に青年海外協力隊というよりも、JICAプロジェクトインターン生的なポジションを

確立してきたなぁーとつくづく思う最近でした。笑




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。