思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メモ】貧困問題的なのモノへの手法の決め方の一手として

今週末も貝の直売店を村の人と回す。

この企画は2つの村から一人ずつ来てもらって、お店を回してる。

一つは自分が一番コミットして、そして成果を挙げられなかった電気も水もない村。

もう一つは初期からグループの法的組織への登録を目指し、最終的に登録まで持っていった村。


直売店も今週末で5回目、6回目の活動となったが、5回目にして前者の村からひとが来なくなった。
===

昨日5回目は向こうから連絡あるかもなーと放っておいて、今日6回目も来なかったので電話した。
なんで来なかったのか?そしてなんでなんの連絡もなかったのか?という話を聞いていくと
「直売店の近くで叔父が飲んだくれてるのをみてしまい、ショックで働く気が失せた」
という。うーーーむむむ・・・


いやー、もうここに来てショックとかそういうのはないんですが。

結局は儲けがあろうとなかろうと、働きたくないでござる、なのが実態なのかもしれない。
村では、幸か不幸か外資NGOがウミガメ保護のプロジェクトで金を落としている。
村のひとは、頑張って外に出て働かなくても、そのカネを手にすることが出来る。
プロジェクトの未来や計画は明らかにされておらず、住民たちにとってのプロジェクトの
打ち切りリスクの説明も勿論ない。

一方で法的組織に登録したグループから来ている女性はほんとうによく働く。
自分で考え、売り子にも行き、今日もサッカーの試合があると聞きつけると、コートまで足を運び
彼女のお陰で今日も直売店の営業収支を黒にすることができた。いや、これほんと彼女のおかげ!


==
この差はなんなのかなーと考える。

距離にしてモーターボートで30分ほど、それほど離れていないのに、状況はこんなにも違う。

一つは、金そんな無くとも自活が回っている後者と、金無くて自活も回っていない前者の違いが
如実に出たのではないかということ。後者は多少貧しくとも、貝を掘りにみんなで行きそれを売って
外部から大きな援助を受けること無く自活している。前者は、貝を売る市場がないことも大きな
要因で、一見働いているようにも見えるが実は外資NGOからの援助なしでは回らない状況である。

我慢強く、働き続ける後者 と 今とりあえず楽に生きてるから大丈夫という前者。

いや、楽にって言うと語弊があるんだろうけど。
彼らは彼らなりに大変な思いをしてウミガメの卵を掘って生活してるのは痛いほどわかってるんだけど。

そういう意味で誰を攻めるでもなく複雑な気持ちになる。
(攻めるとすればスペインから金落としてる外資NGO、お前や・・・)

==
偶然にもはじめてこういう直接比較できるような活動に、2つの村を巻き込むことになったけど
こういうふうな明確な差がでた。こういう観察から正直、今までアプローチの仕方、臨む姿勢を
間違えたかなーという気がしている。

自分がやってきた活動は、「自分たちで回す」「自活」を強化することを目的としていた。
だから万が一ちょっと前進してる後者の村でやったらもう少し成果が出ていたのかもしれない。


でも自分はそうはしなかった。

さらにより厳しい環境の前者の村で活動をしてきた。無意識にも自活を強化することを目的として。
でも「自活」することに意識が行ってない村ではそれは定着しなかった。まぁそういう文脈で見れば
当然といえば当然なのかもしれない。・・・とかいってじゃあどうすれば?の代案はないんだけど・笑


自活の進み具合によって、アプローチを変えていく。


こういう視点は確実に必要だったと思う。メモがてら。


==

とりあえず貝の直売店は、組織化した協同組合に組み込む方向で進めていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
しんごさんこんにちは!東大農経のあやです。
僕たちは援助されてるから、働く必要はないんだよという感じのタイトルの記事を思い出しました。
あれから、援助なれということにはどういうふうに対処していけばいいのかとか色々考えさせられました。
今回こういうふうに違う自活度のグループを比較されたのは面白いですね。
「自活の進み具合によってアプローチを変えていく」という考え勉強になりました。
以前話したかわかりませんが、しょーごさんの「援助慣れの記事」を「開発論」の授業でディベートの際に紹介して、そこから授業全体のディベートっぽいのがはじめまったりしました。この記事を読んだ上でまたディベートしたら話の内容も変わったりしたのかなと思うと興味深いです。
いつもブログ楽しく読んでいます。これからも更新頑張ってください!
2012/11/13(火) 00:08 | URL | あや #-[ 編集]
Re: No title
あやさん
随分とコメントバックが遅くなってゴメンナサイ。
3/4くらい趣味で書いてるこのブログですが、あやさんのように読んでくれた人が何らかの刺激を受け
そこから議論が広まっていく、ということが実際にあるというのはほんとうに嬉しいことです。
ワタシの文章では言葉足らずで、今ここで起きていることを十分に表現していくことはできませんが
それでも日本ではあまり知られていない、開発の一側面をお伝えできていたとしたらこれ以上に喜びは
ありませんね!
2012/12/07(金) 23:31 | URL | shogooon #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。