思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の一発・・・の準備

DSCN2876.jpg


ようやく燃やすべき燃えカスが集まってきた感がある。
==
1000回くらいもう何もしたくねーーー!とクネクネ、イモムシの動きを繰り返した先に思い至る。
自分の帰国後およそ2年半続いていくこの貝養殖のプロジェクトの中で、きっとこういうvs村の
問題っていうのはもっともっと起きてくるだろうし、今のメンバーではこの問題に対して人員を
割くのは厳しいだろうな~と。

そう考えると何か具体的な対策を100%の注力で打ち込めるのは今、この暇人しょーごがいる間
くらいじゃないか!ということに気づいたわけです。

今まで様々なグループを見てきてどのグループがぶつかる問題、それは人数に対して儲けが少なく、
場合によっては貝の売り先も(それを探すくらいのヤル気も)なく、結果としてグループで活動する
意義をほとんどのメンバーが見いだせずにいるという問題だった。
(実際にはグループを作ることの目的は、援助の受け皿として個人よりグループのほうが適していて
すなわち「援助を受けやすい」という理由でしかない用に観察できる)



・・・だったら


配属先監修で、漁民が管理できる貝売り場と管理システムを、最後に一個こしらえて帰ろうか。


と。

====
幸いうちの町には(村じゃなくて配属先のある町)、海鮮料理が食べられるレストラン群がある。

DSCN2876.jpg

ここに来る観光客に、村で採れた貝を売ることが出来れば。
新しく動き出したグループの貝を、売口を見つけるまでここで捌ければ。
更に現時点で主に生だけで食われてない貝の新調理法に対する、消費者の反応が見れる場になれば。

そんなアイデアが浮かんできた。
お世話になっているプロジェクトの専門家に、このプランをプレゼンした所「まずやってみよう」
ということに!ひ~本当にお世話になりっぱなしです…。多謝。

===
とはいえ、どれくらいの観光客が入っているかという情報は全く定かにならないのがエルサルバドル。
どこから観光客がきてるかによって、設定できる価格も変わってくる。
もしピークタイムがあるのであれば、そこに合わせて開店すれば漁民の負担を減らせるかもしれない。
そんなわけで今週は、レストランエリアの入り口に張り付いて観光客の数を数え、何時に何処から来たか
という簡易アンケートを取る調査を実施することに。

DSCN2882.jpg

この制服っぽい二人のおっちゃんに協力してもらって張り込みアンケート!
こんな目立つところに見すぼらしい日本人が座り込んでいるので目立つ目立つ。
「チノ!$1よこせよ!」と心ない声をかけられて(あぁ?)ってなることもありますが、
知り合いが通りすぎてから、ココのジュースを買って戻って来てくれたり、八百屋がオレンジを
くれたりとちょっと心が温まることもあります。日が短くなるのと同時に最近気も短くなってるので
こういうちょっとしたことが心に響く・・・。ああ、もっと心の広い人間になりたい。
何よりも、協力してくれるおっちゃんありがとー!

==
定点調査なんて久々にしてるけど、意外といままできに求めなかったような事に気づけて面白い。
観光客数とは全然関係ない部分だけど、レストランの駐車場にある魚市場、観光客も新鮮魚介を
買って行ってるのかと勝手に想像していたけど・・・、

DSCN2875.jpg

じつは寄り付きもしていないという衝撃の事実。
なんでかなーと見ていると、魚市場から一番近い駐車場を独占しているのは、他でもない魚屋自身
だったりとか!あそこもちょっと小綺麗にして、駐車場とか細かいところに気を使えば、大きな
チャンスがありそうな・・・。

==

いつも歩いて通り過ぎる場所
勝手に想像してわかった気になっていること
そういうのって思ってるより遥かに多いなーと定点調査をしながら思います。



心が温まったりストレスフルだったりと意外と大変だけど、
とりあえず今週一杯はしっかりデータを集めよう!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。