思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあります、ボランティアの生活環境

DSC_3680.jpg
ひさびさに撮りました壮大なマングローブ!

先週は今までの活動の中で初めて、他のボランティアが自分の活動を泊まりがけ見学に来てくれました!

見に来てくれたのは、この人、千村くん!リンク先は彼が執筆中の、JICAワールドレポートになりますが、

なにしろプロフィール写真がよく撮れてる評判です。


そう、カメラマンはワタクシです!!(なに宣伝
===
青年海外協力隊と聞くと、とかく
「田舎に住み込んで水も出ないけど、それでも!あたし!負けない!頑張る!!
--そしてやがて形成される村人との信頼関係、嗚呼わが青春ここにあり!」

っていうのを想像しがちですし、まぁ僕とかも御他聞に漏れずそういうのを期待して申し込んだのですが
もはやさんざん書いているように、現実はそんなもんではなく、そういう泥臭いのは特にここ中米では
珍しく、学校の先生とかは毎日ちゃんとシャツを着て学校へ行ったりしているくらいなもんで。

もちろんアフリカとかまで行けば、買える野菜がタマネギしかない、という日本人にとっては
厳しさ★5に認定せざるを得ない様な場所もあるらしいですが、もはやそんなのはきっとレアでしょう。
エルサルバドルで村落開発として働いてる自分ですら、配属先には電気・水・インターネット、果ては
クーラーまで完備されていて厳しさで言えば★2くらいでしょうか。


==
ところが、船に乗って村まで行けば相当状況が変わってきます。
水なし!電気なし!自分用のベッドもないので、オープンスペースにハンモックを吊るして寝ます。
マングローブの中でオープンスペースなので蚊が沢山いる、、というか夜になると空気中に酸素と蚊が
およそ1:1位の割合で混在
ます。死ねますね、普通に。蚊帳を吊るすスペースもないので
基本的に長袖長ズボンに靴下履いてフードかぶって、モスキート音防止のためにiPodで音楽
流しながら寝ます。

IMG_7076.jpg
何このドヤ顔・・・〈撮影千村〉

ここで寝る。ハンモックで熟睡するの慣れるまでは意外と大変。
日本でハンモックあるカフェ行ってハンモックいいわ~とか揺られてる人、だれか僕と代わってくれさい。



村にはトイレも基本的にないので、ウンコは何時だって野糞です。
野糞も色々と作法があるので(上流でしない、野犬に掘り返されないようにするetc)そういうのを
僕も勉強しました。その回数ゆうに50回を越え、恐らく日本人の中でもかなりイイ線に食い込んで
行くのではないでしょうか、と勝手にご満悦です。ぜひ、ワイルドな男性を探している女性がいたら
紹介してほしいものです。うっはっはっは


もちろん贅沢を言えた身分ではないですし、恵んでもらってるんだから文句をいうなんて
とんでもない話ですが、食もそれほど充実しているわけではありません。

IMG_7079.jpg

これが一日3回出してもらえる。
・・・が、さすがにこれで大食いの自分の一日の活動分を賄うのはちと厳しい。


ってなわけでおそらく厳しさ★4くらいは認定してもらえると思います。


===
意外とボランティアは日々の仕事やら何やらに押されて他の人の任地を見る機会がなく
下手すると、「自分の住んでいる場所がその国の標準」だと思いがちだと思うけど、
実は全然そんなことないんですねー、特に中米は超格差大国なわけで。

そんなわけで、こんかい普段はスーツを着て学校の先生をしている彼が、こうやって自分にの任地…
というかエルサルバドルのもう一つの顔を知ろうと、積極的に遠路来てくれたことは非常に嬉しかった。

首都に行けば我が故郷、四日市並に発展しているのもエルサルバドルだし(え?微妙じゃねぇよ!)、
田舎に行けば野糞タレしレベル★4なのもエルサルバドル、
生活レベルが厳し一方で、国内で一番綺麗なマングローブ、星空と夜光虫が存分に見られるのが田舎。
人はシャイだしスレてないけど、夜中まで子供が「日本語であれはなんていうの、これはなんていうの」
と質問攻めにしてうおーーーーさすがに辟易!!となるものも田舎。笑

IMG_7224.jpg

海亀を探しに行くとかで出かける図。
この2時間後「日本語でなんていうの攻め」にあい僕達は死んだ。


だんだん生活に不便がなくなると、「知った気」になることが出来る。
でも当たり前だけどヨソ者である自分が「知っている」なんてオコガマシイわけで。
残りの期間も弛まなく、より深く、よりトータルにものを見て「知る」に近づけるように
努力しないとなーと改めて思いますた。

DSC_3671.jpg

わざわざ遠い所をきてくれた、ちむらりん、ありがとう!
きっとこの経験を、活動の新しい局面を切り開く1つのエッセンスにしてくれ!


===
我々の鉄壁のディフェンスを破り、刺したくってくれた蚊のお陰で、現在当方の足は
血まみれです。ムヒの消費量が半端無くて若干ピンチですが、


駆け足ですぎる時間は、9月の第三週に突入します!


時の流れが早すぎる!そして足が痒い!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。