思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任地変更・・・なるか?

DSC_0863-1.jpg


今週は自分を担当して下さっているボランティア調整員の方がはるばる任地まで来て下さった。

日々日々なかなか悩みどころが続く今日この頃、この転校してきたその日に遅刻しがてらヒロインに

街角で突撃していく事さながらの絶妙なタイミング、こりゃ任利変更の示唆あり得るな、と思って

まぁそれもなくはないのかなーとかあいかわらずにモヤモヤしながら臨みました。

とりあえず主人公のテメェはパンくわえて走るのをやめなさい。
===
まぁなかなかに難しくてしんどいボランティア活動ですが、最近つとに心労もたまりハゲるんじゃないか
(それは元からではないかというアレは受け容れない)という感じなので、正直これは任期残り
8ヶ月というところでまさかの任地変更もナキニシモアラズやなぁと薄々感じていました。

そもそもこの「任地変更」とはなんなのかといいますと、ボランティアが自己意思できれるカードの中では
「任期短縮(日本帰国)」に続き二番目に強力なカードですね。さながらレッドアイズ的な(わかりにくい。
とりあえず今までの協力隊人生はすっかり忘れて、語学能力をそのままに国内の違う場所で活動を強制再開
するというなんともファンキーな手段です。

いやいや、そんなんありなん?問われながら色々考えますが、自助努力が基本のこの世界において、
私たちは働かないし投資もしない」と面と向かって言われちゃってますので(意外と尾を引いてる
「ジジョドリョク」みたいな「シュレディンガー方程式」と同等かそれ以上の謎の机上の言葉をせせら笑う
がごとく流れている時間・空間のなかで果たして自分がいる意味・やるべきことあるのかなーと思うのは
ある程度合理的な問だと思われます。

===
□ 今、任地を変更するメリットは?
・"暑苦しく国を想える人"に出会える可能性がある
 -ここにいて一番苦しいのはそういうエルサルの人に出会えていないこと。CPも超いい人だけど
  社会問題に取り組んだりそういうタイプじゃない。仕事上の実質CP不在のこの状況は過去の
  ボランティアの報告書などを読んでも活動の成功例が極端に少ない。やっぱ、こっちの人の
  強力な理解とサポートがないとボランティアなんて厳しいんだよなー

・活動の難易度、取り組むべき問題の難易度が下がる可能性が高い。
 -いやいや、お前の今のジツリキじゃどこいっても変わらんよ、という話は置いといて笑
  援助慣れとかそういうのはすでにボランティアがどうのこうの出来る範囲・規模感を
  超えてるような気がしない・・・でもない。



□ 一方、任地変更するデメリット
・残り任期8ヶ月って知ってたぁ?
 -そう、実はゆうてそれほど残ってない。いまからまた人間関係再構築して自分のやるべきこと
  見つけて、ってやって果たしてモノにできる時間あるんだろうか。

・結局「誰のために」任地変更するのか?という点
 -もし任地変更するとしたらきっと一番気にかかるであろう点はここ。果たしてなんのために
  この国にいるんだっけ?もちろん自分の活動の成果にこだわるのは大事だと思う(そうじゃない人が 
  多いから協力隊が甘んじられるんだ!って出国前に開発コンサルの人にどやされたのを思い出した(遠目
  一方でそれは今ここにあるものから逃げてまで拘ることなのかなぁという事。目の前に確かに
  「援助」っていうよりきっと「何かが変わったほうがいい」と自分が感じた人たちがいるのに、
  「目に見えやすい成果」のために今の持ち場を逃げ出してあんたは満足ですかというハナシは正直ある。


===
そんなかんじで調整員の方に話を聞いてもらっていたのですが、自分の中でも結論がなかなか出なかった
この「任地変更するかどうか問題」は急遽その解を見た。

それは調整員の方が変更先の候補として、とあるシンクタンクをあげて下さった時だった。
その時に、任地変更の話をしているにもかかわらず、そのシンクタンクを今の自分の働いている村に
引っ張ってこれないかどうかを考えてる自分にふと気がついた。

ああ、自分はそんなに自分の任地のことを想ってるし、まだここを諦めてないんだなと感じた。

もちろんマングローブにあふれた風景こそ素敵であれ、別に何もかもを肯定する気は皆無であり
むしろ人間これで大丈夫なワケ?くらいに思ってるこの村なのに、それでもやっぱり自分はこの
土地のことを、そしてそこに根付く人のことを考えてるんだなぁと。


これに気づけたのは個人的に正直でかかった。


もちろん結論を急ぐ気はないけど、当座もう少しここで頑張れるのかなーと思った瞬間でした。
(最近なんだか陰鬱なことしか書いてこなかったので、何このキショクワルイ前向きな感じww



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。