思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CostaRica】少年はクリスマスにも鳥を追い

ずいぶん遅くなりましたが、年末には第二回任国外旅行!というわけでCostaRicaへ行って

参りました。この旅の目的はなんといっても、幻の鳥といわれる「ケツァール」を追い求め

我がファインダーに収めること。


この人、24歳なのにクリスマスに鳥探しってちょっと色々やばいんじゃないの・・・?
この人、同期がクリスマスデートしたり修論書いてる間に野鳥研究会の真似事って、、大丈夫?

みたいな周囲の不安を両肩に被い、行ってきましたCosta Rica!
===
事前調査の結果、愛しのケツァールはコスタリカの中でもナチュラルに見られるわけではなく、
場所と時間のポイントを的確につかなければたどり着かない事が判明。
まさに幻のポケモン・・・ではなく幻の鳥なのです。

聴きこみの結果、どうやら高確率でヤツが出現すると言われる地域「Cerro de la Muerte」に
向かうことに。google mapでみてみると、もはやここにたどり着く道がない…なにこれ秘境ですか?
さすが幻っす。ダテじゃねぇ。


大きな地図で見る

ちなみに偉そうに事前調査事前調査行ってるけど、実はこの旅何も準備に貢献していない伊藤隊員。
下調べからホテル予約までをしてくれたのは、全部素敵なボランティアスピリッツを持ち合わせている
同期の皆様でーす☆("∀"*ゞ)テヘッ

==

エルサルバドルの空港から出ること1時間20分コスタリカに到着。
さらにコスタリカの首都サンホセからバスで2時間半ほど。

DSC_7275.jpg

霧が出てきて辺りはすっかり秘境な雰囲気です。
テンションがあるわー。秘境萌え。

霧の中パナマ隊員の同期と合流し、予約した予約してもらったホテルに到着。
Sueño del Bosque Lodge(訳:森の夢ロッジ というなんだかRPGに出てきそうな名前)

DSC_7297.jpg
お久しぶりのコラボレーションwithパナマ隊
いやーこのロッジなかなか素敵なロッジでした。芸が細かい。

DSC_7286.jpg

これが今回我々が2012クリスマスを賭して探そうとしているケツァール(模式図)。
多分こんな感じなんだろうなー可愛いなー。(ぇ…

そしてはじまる探索作業・・・。



とその時我々が見たものは・・・!





DSC_7314.jpg


もしかして:ケツァール

なわけもなく、さすが我ら素人集団。
探せど探せど鳥っ子一羽見つからない・・・。


一時間半ほど歩いて成果0。
まさに2011年の伊藤を彷彿させるダメっぷりに、一同翌日への不安が隠せません。
しかしともあれこの日は12月24日クリスマスイブ。というわけで

DSC_7322.jpg

DSC_7324.jpg

メリークリスマス!と翌日への英気を養います。



==

翌日12月25日(クリスマス当日)5時半起床
今年もサンタクロースからプレゼントが貰えず、みんな一つの屋根の下に泊まったにも関わらず
ロマンチックが止まらないどころか、始まりもしないという事実に、踏んだり蹴ったりサンデー
って感じでしたが気を取り直してw

幻の鳥は早朝にしか見られない、ということでやや早起き気味の我々。早起きは三文の徳なのです。
ロッジのガイドさんにそのポイントに車で連れていってもらうことに。

コスタリカの中でもこの地域が一番エンカウント率が高いと言われる幻の鳥。

貧乏まんせーな我々に延泊する余裕はありません。すなわちこの日の一本勝負。


もしここで見られなかったら・・・

一同の空気が張り詰めます。







===

ポイントまで歩くこと2秒
人だかりを発見!彼らの視線の先を追ってみると・・・・











20101225-DSC_7338.jpg

こ、これは・・・・

ま、まさか・・・・

け、ケツァール キタァァアアアアアア!!!!

あまりの美しさと優雅さ(と簡単に見れちゃった感)に言葉を失う一同。

凛と伸びるその尾は体長の三倍にもなり、その色は筆舌し難し。
エメラルドグリーンに輝くその身体は、擬態という言葉を嘲笑うかの如く、
自然界で生き残る自信の表れ。


ケツァール コスタリカ

輝緑の尾と真紅の腹を誇示するかの如く、悠然と木々の間を飛ぶその様は、まさに火の鳥。
「幻の鳥」の名を持つに相応しい圧倒的な存在感、それがケツァール。


Quetzal CostaRica

ケツァール(カザリキヌバネドリ)
Pharomachrus mocinno

アステカで話された言語ナワトル語で「大きく輝いた尾羽」の意を持つ鳥。世界一美しい鳥されることも。
メキシコ南部からパナマにかけての山岳地帯(1300m)付近に分布するとされている。
特徴的な長い尾は毎年生え変わると言われており、12月~5月が一番観察に適する。


===

時間にすると15分ほどだろうか。
餌であるアボガージョ?の実を食べ終わると森の奥へ消えて行き、次に姿を現すことはなかった。

===

いやいや、本当に大興奮のクリスマスでした。
2日目にして今回の旅行の目的を達成してしまった感は否めないのですが笑、
この鳥一本釣りのために、セロデラムエルテに来る価値は十分にありました。

ロッジも素敵な所で大満足。
大きな道からロッジまでの燃料代+夕食朝食+ケツァールガイド代込で$70!
個人的にはかなりいい買い物?をした気分です。お勧めです。Sueño del Bosque Lodge!

DSCN1066.jpg

もう一度あの幻の鳥を見たい・・・そんな思いを胸に、感謝の気持ちを表明するため
ケツァールごっこに勤しむ我々(平均年齢26)。



そんなわけで次の舞台は、最も有名な国立公園と言われるMonte Verde国立公園へ!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。