思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このままじゃ終われない-2年目スタート!-

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年このブログを通して一年間見守って下さった皆様、本当にありがとうございました。

相も変わらずエルサル迷走中のワタクシですが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。




さて、去年正月明け早々にエルサルバドルについた我々は、この年明けで早くも?やっと?赴任一年を
迎えます。もう一年かーという気持ちと、まだ一年は日本に帰らないのかーという気持ちどちらもが
ありますが、活動折り返しということで、少し2011年をそして活動一年目を振り返り、今年に繋げたいと
思います。
==
自信に満ち溢れ大手を振って日本を出た一年前。

「自分なら一発やってやれるだろう」

過剰な自信で勝手に乗った大船は、一年間で見事に沈没した。よっ!そんな私はタイタニック!
言葉はわからないし、自分必要とされてないし、そもそも自分にできることがない。
自分が掲げていた「現場の視点で物を見る」という目標が、どれほど難しいことかを実感し
ウカウカしていると、自分が最も悪とする「視点の押しつけ」をナチュラルにやってのけている
自分がいて何度ヒヤリとしただろうか。

一年の間で色々やってみたが(正確には「色々」というほど色々トライできたかも謎)、
今こうして振り返ってみても、正直ほとんど手応えが0に近い。一年もここいたのにー・・・
成果とか成長とかそういう見方をすると、多分ここ数年で一番終了してたんじゃないでしょうか。
大学の同期がバリバリ社会に出て働いていたり、ガリガリ修論書いてる中、一体自分は何をして
ドコに行きたいのだろう、と若干焦ったり凹んだりもする。折れそうになることもよくある。


==




ただ、実はそういうのも想定した上で、今ここにいる事を自分が選択しているというのも、また
動くことのない事実なわけで。普通に就職する選択肢だって、修士課程をそのまま邁進する選択肢
だって自分は持っていた。だけど、それでも、あえて2年間日本を離れ協力隊として活動するっていう
今を自分が選んだだけのこと。

だからこそ、このままじゃ終われない。

「協力隊として活動する」という当時のチョイスをGOOD CHOICEにするかBAD CHOICEにするかは、
今年の/今のここにいる自分に委ねられているのだから。

新年早々問題山積みになることは想像に容易くて心重いのも事実だし、
自分一人が血眼全力疾走しても結局は意味が無い、ってのも学んだ。
だから今年は、目の前の人/モノ/問題をよりゆっくり深く捉えられる、そんな方向を目指して頑張ります。
それがきっとあの選択をGOOD CHOICEにしていく事につながっている気がするから。


==

エルサルの新年は、日本のような凛と縛れる空気の中ではなく、生ぬるい空気の中
そこら中で上がりまくる花火の中、いつの間にか明けていった。高校の国際の同窓会も行きたかったし、
大学の友人とグダグダ過ごすお正月も恋しいのですが、もともと日本ほど「元旦」を大事にする文化では
ないらしく、明日三日からはまた仕事が始まる。



さて、この国に来た時の初心にもう一度かえって、心に火を灯そう。

今年こそ、充実と結実の年に!



今年も一年どうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。