思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しく、そして厳しくやっていくこと

三連休はずっと、埼玉県川越市まで行ってテニスをし(なんと5時半起き!)そして夜は飲むっていうのの
繰り返しだった。(しかも飲んだうち1回は完全につぶれ、もう一回は半つぶれwどうなってるのww)

川越のコートは何もない川岸にコートを設営してるため常に風が強いんだけど、そんな中でもこの連休は
特に強風っていうかむしろ常に突風が吹いてて(これを突風というかは別にしてw)テニスをするには
激しく不向きなコンディション。おまけに練習自体がきついから3日目とか体中ボキボキの筋肉痛で
関節も軋むし、何度も気持ちが折れそうになる。

こんな中でどう練習に臨めるかって非常に大事な考え方なんじゃないかなと最近よく思う。
練習に対して手を抜くことはとっても簡単だし、あ―――ツマランfuck!って切れるのもすごく簡単。
でも、手を抜いても切れても同じ時間だけ、同じことをしなきゃいけないのは変わらぬ事実。
なら最大限に何とか楽しむ活路を見出し、最も効率よく集中してやろうとするのがきっと大事。
同じ8時間の練習なら楽しまなきゃ損!というわけです。

ここでムズイのは楽しく練習するだけダメで、楽しむ中にも自分への厳しさを残すことにある。
こういう場面において楽しむことと厳しくいくことは相対するものじゃない。最近の傾向として
楽しまなきゃ損!と思って楽しみすぎてただのenjoyに走る(厳しさなし)っていうのが目立つから、
そこは厳しく締めないとねん。


実はこれは当たり前なんだけどテニスの練習だけに当てはまったことじゃなくて、バイトするにしても
授業聞くにしても、勉強するにしても全部そうなんじゃないだろうか。どんな状況でも楽しめる人間ほど
ついよい人間はいまい。そしてどんな状況でも厳しさを持つほど向上心をそそることもそうないだろう。


常に楽しみつつも、必ず厳しさを同じ割合で同居させる。

しばらくはこのスタンスをちょっと目指していきます◎
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。