思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織化capacitación #1

DSCN0474.jpg


5月末くらいからちょくちょく手がけていた、コミュニティーの組織化の法的手続き。

その一歩になるcapacitacion(キャパビル的な?)を昨日ついに開催することが出来ました!
===
1980年~1992年まで内戦が繰り広げられ他エルサルバドルでは、当時政府軍が住民の組織化、蜂起を恐れ
住民が組織化・結託することを禁止したため、20年近く経過した現在でも「組織化」という観念が非常に弱い。
もともと子供が5人6人は当たり前の農村部ということもあり(農村と言うよりはうちは漁村ですが)、
組織として働くよりは、家族だけである程度の労働力は十分賄うことができ、家族単位で働いている
のが現状なのです。

と珍しくバックグラウンドから突っ込んでいく真面目スタイルですが、僕の要請内容の大きなものの
一つに採貝グループの組織化というものも含まれていて、そしてそれ以上に個人的な興味として「組織化」
というものは大きな部分を占めていたので、ここまでコツコツと地味に地味に動いてきたわけです。

特に今つくろうとしているお国の認可組織cooperativaは、認可までの条件が他の法的組織よりも厳しく
グループの中の15人以上が参加するキャパビルを3回も受けなきゃいけない、という天空のハードル。
日本だったら楽勝だけどここはラテン、ぶっちドタキャンは当たり前、さらにはほぼ毎日貝を採って
その日の生計を立てている彼らが、キャパビルに参加するということはすなわちその日の収入が
なくなるということ、ハードルは更に高く、棒高跳びで飛び越えたくなるレベルです。何このたとえ。

実はこのコミュニティで同じ試みを以前プロジェクトで行ったそうですが、結果は全3回中
第一回のcapacitacionで参加者が10人しか集まらず、ボツになったとか。。しっかりしてくれぃ!


===
前置きが長~~くなりましたが

そんなキャパビルに向けて、伊藤隊員はこれまで健気に組織化により得られるメリットをプレゼンし
水産局の方を招いて説明会を開いたり、当日に向けてメンバー宛てに招待状を出したりと、活動してきました。
(なんかこう書くと結構やってる感でますが、それは錯覚です。残念・・・。)


そしていよいよ、昨日がリベンジング第一回capacitacionだったわけです。




が、、、

当日は9時にプレゼンテーターと合流するはずだったのですが、

まさかの待てど待てど来ないというハプニング

発生。自分の予定がブッチされるのはだいぶ慣れましたが、今回は漁民の皆さんの
時間も頂いてるのに・・・。これで来なかったらなんて謝ればいいんだ。
久々に、ああもう日本に帰りたい。お役所に火放って日本に帰ろう・・・。2次隊の先輩と一緒に帰ろう!
という心境に至り、向かいどころのない怒りのあまり犬と戯れるという奇行に出ましたがなんとか1時間遅刻で到着
テメー1時間連絡なしで遅刻とかどーよ!それ集合時間じゃなくて開始時間だろが、このハゲ!!
とハゲ散らかして怒り狂うのが従来の伊藤ですが、そこはラテン歴8ヶ月。すでに仕様はラテンです。
ああありがとう!1時間遅刻してくれても来てくれてほんとうにありがとう!と思ってしまう自分はもう
日本人として生きて行けないかもしれない笑

とにかくコミュニティにつくのが30分以上遅れてしまい、一応連絡はしたものの待っててくれるか
超不安だった。自分だったら30分待っても来ない相手を待ち続けるよりも、生計立てるために貝掘りに
行くよな~とか半泣きで考えながら向かうコミュニティー。

せっかくここまで仕込んできたのに、人数足りなくてまた振り出しに戻るのか・・・

振り出しどころか、信頼まで失って痛い想いをするのか・・・

なんて謝ろうか・・・・


等々いろいろ考えましたが、コミュニティに着いてみると
「日本人は時間守ると思ってたけど、しょーごはもうエルサル人なのね!」
「おはよう!じゃなくてこんばんはだね!」
と温かい冗談で迎えてもらって心底ほっとしました。(そしてちゃんと謝った笑)

===

capacitacion自体も大成功で(そりゃ自分がやるわけじゃないから当然なんだけどw)、
集客はなんと31人!15人という開催条件を大きく超え、みんなちゃんと
話を聞いて質問したりもして、前向きに組織化を考えてくれてるようでよかった。。
これで第二回に向けて進むことができます!


===
1.jpg

そんな昨日の夕暮れ。めったにないくらい綺麗な夕焼け。


緊張したり、イライラしたり、不安になったりと忙しい一日でしたが、またエルサル人の寛容さに
救われたなーとこんな綺麗な夕日を見ながら、自分の心の狭さ、不寛容さに未熟さを覚える
一日の終りでした笑


====


さて、今週末は先輩隊次の送別会などで首都に上がりまーす。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。