思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内戦の歴史を学ぶ

_DSC4247.jpg


先週末はMorzan(モラサン県)で、この国の内戦の歴史をお勉強するツアーに参加してきた。

日本人である自分にとっては「内戦」といわれてもイメージしにくいけど、実際に激戦地だった

地域に行き説明を聞いてみると、その凄惨さに思わず考えさせられた。
===
ここエルサルバドルでは1980年から1992年まで12年間にわたり内戦が続いた。
いまでは普通に街を歩いてるくらいじゃ言われてもその跡に気づくことはないが、
その12年間で約7万5千任の方が命を落とされたという。今回行ったのはその中でも
特に戦闘が激しかったMorazan県のPerkinという街とEl Mozoteという街だった。

_DSC4199.jpg

_DSC4198.jpg




Perkinには戦争の経緯と背景、使われた武器や基地などがわかるような展示物が多くある。
博物館内は残念ながら写真撮影禁止だったけど、個人的にはなかなか衝撃的だった。

自分が当時極右政権の保持安定を目論んで政府軍を支援したアメリカと、それに対抗してゲリラ軍を
支持したロシアやニカラグアにより輸入された銃、大砲。
自分が生まれた年1987年に没したゲリラ軍の英雄たち。
笑顔で武器をとるゲリラ軍の写真を見たときには思わず背筋が凍る思いだった。
同郷の自国民を殺すための武器を笑って取れる心境とは一体どのようなものであったのだろう。
殺すか殺されるかという現実が、20年前この土地で平然と存在していたなんて。

ちなみにこの博物館は中には展示物、外には写真のような実際に使われていた武器や塹壕などが
残されています。当時の様子や背景を現地の人が語ってくれるのもなかなか聴き応えがありました。


===
二日目は住民のほぼ全員が虐殺された街El Mozoteへ。
ペルキンからバスでおよそ30分で到着。

_DSC4242.jpg

ここでも、この街に暮らす女性がここで何が起ったのかということを説明してくれる。
成年男子だけでなく子どもも女性も相当悲惨な殺され方をしたという。アメリカ軍と政府軍に。
(実はこの人の西語がなぜか全然聞き取れず、大雑把にしか理解できなかった・・・)
もともと手工芸品があった街らしく、きれいなお土産屋さんがありその売上を石碑などを
維持するのに使っているという。訪れた際には是非ご一品を。

===

二日日間かけて激戦地の跡地をめぐり、生まれて初めて冷戦というものに怒りと戸惑いを覚えた。
冷戦自体に大きな戦闘はなかったと世間的には言われるものの、たしかにここエルサルバドルでは
政府軍(アメリカ)とゲリラ軍(旧ソ)が対立し多くの死者を出している。

世界と時代の流れをモロに受け、亡くなっていった方々の気持ちは、自国民と戦った方々の気持ちは
一体どこへ行くんだろうか。その無念を思うとなんだかやりきれない。
だからこそ、この博物館のような施設が大切だと思うし、内戦を実際に体験した人たちがその悲惨さを
語り継ぐことってすごく大切だと思う。(が、日本の戦争体験ですら語り継ぐのが困難な今果たして
本当にこの国で内戦の体験が語り継いでいかれるのかが、ちょっと心配)

それとともに仮にも世界と時代を引っ張っていく国というのは、深い想像力と謙虚さのもとに
動かないといけないんだろうなーっていうのを改めて感じる。そして日本がそういう国であって
欲しいとつとに願ってもみるわけです。



僕もこの国にいる間にもう一度しっかりあの内戦に関する本を原著で読んだあとで(スペイン語も鍛えて)
もう一度この地を訪問せないかんなーと決意を新たにしました。

===

ちなみにperkinに泊まるのであればホテルはここに!

_DSC4241.jpg

Perkin Lenca!
なんと$15で朝食付き。朝夕はむちゃくちゃ涼しいし部屋は綺麗だし料理うまいし、なんといっても
シャワーからお湯が出ます!←こんなことに感動しちゃうなんて…w
普通にこのホテル目的で一泊しに行ってもいいくらいかもしれん・・・。



そんなこんなです。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
突然のコメントすみません。時々ブログ見させて頂いてました。
私も現在JCCVでバングラデシュで活動中ですが、大学時代エルサルに1ヶ月ほど滞在していました。大半をperkinで過ごしていて写真を見て懐かしく感じてコメンさせて頂きました。最後のホテルのオーナー(確かアメリカ人だったような)が経営する学校でお世話になっていたので何度か私もホテルでご飯食べたの覚えてます。私も、帰国したらまたエルサルに行きたいです!活動頑張って下さい!
2011/06/10(金) 00:49 | URL | YU-KA #-[ 編集]
Re: No title
YU-KAさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
エルサルバドル、それもPurquinに滞在されていたのですね!!なんとレアな。。笑
バングラやエルサル他地域とも違い過ごしやすいところですよね。
是非いらっしゃる際には一声おかけくださいね笑
YU-KAさんも活動頑張ってください!
2011/06/14(火) 13:45 | URL | しょーご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。