思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の活動紹介

5月も終わりに差し掛かり本来ならモロ雨季のはずですが、ここ一週間は1度しか雨がふらず。

ここまで雨がふらない今年は異常気象らしい。日本では台風が来てるらしいですね。大丈夫か地球。。



そうえいば最近、活動を紹介する機会が少なかったので今日は久々に活動紹介を。
===
住民と様々なミスコミュニケーションを経ながらも良好な関係を築くことに成功したしょーご。
住民と共に新しいグループを立ち上げ、話し合いの結果水不足の村に井戸を掘る事に。様々な苦心の末に
NGOからのドネーションも獲得し、いよいよ着工が来週に迫るのであった・・・。




・・・みたいな展開になったらいいのになぁ(遠い目)


え・・・なにこのワケわからんブログ・・・(絶句)と自分でもツッコミが入れたくなりましたが、まぁそんな
誰もが協力隊と聞いて想像し、協力隊雑誌クロスロードにありがちな活動はなかなかできないものです。
現地に来てから山本敏晴さんのブログに書いてあった
「.思うような活動が、なかなかできない。自分が思ったような活動ができた、と言うケースは
  全体の1割程度。8割りは、なかなか思うような仕事ができず悩みながら、もがき苦しみながら、
  ともかく2年間、現地でがんばった、というケースが多い。」『青年海外協力隊の良し悪し』より引用
という文章がボディーブローのように効いてくる。ごもっともーー!


===
アホな冗談は置いといて最近何をやってるかというと

1,研究所で養殖に成功しコミュニティーに出した貝達の成長計測

_DSC4041.jpg
こんな感じで成長中の貝の成長具合を計測しに行きます。こんな感じとかいって計測してる写真じゃないけどw
同じ湾内とはいえ、水の出入り、マングローブの密度などによって、成長の良し悪し、貝の生存率
などが異なってくるから面白い。(そして個人的には職場の人とコミュニティーに出られる数少ない機会
なので、ひとりで行くのとはまた違ったコミュニティーの背景なども知ることができて楽しい)
横からえ?そのデータの書き方おかしくない?とかこっちのが効率的くない?とか口出すウザイ子役です。
1コミュニティーにつき3ヶ月に一回計測にこよう、と同僚と決めいい感じにデータも集まってるはず・・・
なんだけど集計とか分析とかそういう観念に弱いのか、あまり上手いことデータが使われてる気がしねぇぜ!
ってことでそう言うのはおいおい口出ししていこうと計画中。(もっと基礎統計ちゃんとやっとけばよかった)



2,独りでコミュニティーに行ってみようのコーナー
前回charla(小さい集会)みたいなので集まってもらって大失敗した話を書きましたがああいう系のを
地味に週一回~二回くらいやってます。(実際は4つコミュニティを見たいのでこんなペースじゃ
一コミュニティあたり一月一回しか訪問できず話にならないのですが・・・うっうっ)さらには
行っても誰にも知り合いに会えずトボトボ帰ってくるハメにあったりとなかなか苦労が耐えないこの企画。
でも先週は初めて一緒に貝ひろいすることに成功するなど、ちょっとずつ前進…してると言ってもいいですか?
(ちなみに貝ひろいは潮干狩りみたいに笑顔でできる生ぬるい話ではなく、マングローブの中に素足で入っていくという
ガチ系。尖った砂利で足やら手やらズタズタになるし、蚊とかヘヘンという刺されると激痒の虫に刺されまくるし
体中にマングローブ独特の硫黄臭が張り付くしで、ものすごい大変。だけどやっぱり自分の活動原点は協働
にあるなーと再確認できました。)




3,人の活動を見に行こうのコーナー
一回しかない機会なので別にコーナー化するほどのものでもないのですが。
先輩隊員が活動している任地で、ピースコの方々と一緒に小学校でアート展のようなものをやってきた。
我々日本人チームは折り紙を伝授することに。折り紙とか久しくやったことないですが、必死で記憶を辿って
拙いスペイン語で説明。昔インドで作ったパックンとカブト、風船を作りました。
_DSC4059.jpg
真ん中の灰色の服着たキミ、なんかドヤ顔してるけどよく見たらカブトできてないですから~~!笑

要請外の活動は基本的にはもうアイデア勝負なので、こうやって先輩の活動を見に行けたのは
非常に有意義だった。ああーこういう切り口もありなんだなーって気付ける機会って意外と任地で
独りで活動する分には少ないのかもしれない。活動に対する姿勢とかも、勉強になる。


===
ええ?半年の報告書には残り活動期間の計画も書かなきゃいけないのかい?ってことでそれもぼんやりとだけど
考えなくてはいけない。明日の予定が今日決まるこの国で預言者でもない限り無理だと思うんですけど・・・笑

妄想段階としては、これから半年でコミュニティをそれぞれ組合化(coperativa)して
(NGOとかが上手く絡んでくるとこの組合化だって一瞬で出来ちゃうんだから自分の無力さが嫌になる!)
残り一年でそれをモニタリングしていければなぁとかも思ってるけど、なにぶんまだ組合化するメリット
デメリット・インパクトが自分の中で分かっていない。まずはそれを落としこんでからかなぁと思い、資料を
何とかして回してくれ!と頼んでるのになかなか来ないというありがちなエルサルプレー。
メール添付で3秒クッキングしてよ!w

再来週まで待って資料来なかったら、首都帰った機会に省庁に乗り込んでこようかと現在企画中笑

===

そんな感じでまだまだ「軌道に乗りました」なんて口が裂けても言える状態じゃないし、行き先も不安定。
まさに軌道も行き先も持たない一瞬の存在の彗星みたいな活動。いや、彗星ですら軌道持ってるかな。
いつの日か地球の周りをグルングルン、軌道も行き先も永続性もハッキリしたお月様みたいな活動がしたいです。

それでも、以前のブログを見返してみると3歩進んで2歩下がり、ちょっとずつ前進している・・・よね?(頼)
多分2年間、お月様並に良い感じの軌道に乗った活動ができる可能性は、それほど高くない気がするので
まずは目の前のこの人に一体何が出来るのか、その問いを毎日忘れずに真摯に活動していきたいと思う
今日この頃なのです。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。