思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feria@Usulután フェリア編

_DSC3853.jpg


フェリア当日。5時40分起床。

期待と不安の間を行ったり来たりしながら目を覚ます。

なかなかヘビーな一日になるのは間違いなさそう。
==
まずは、コミュニティーまで船で40分かけ、協力してくれる人を拾いに行く。
前日確認したこともあって無事に6時に船の運転手が来てくれる。まずはほっとする。
ほんとに一個一個丁寧にステップを登っていかないと、フェリア成功までは辿りつかない。
何しろまだプランBを用意できるほどキャパがない。
前日に用意した荷物を全部持っていざ出発。
掲示物と看板はリュックに入らないので手持ちである。

===

舟に乗るときに手に持っていた掲示物と看板を、先に運転手に持ってもらう。
「それ水に落とさないように気をつけてね!」いまおもうとこんなフリみたいなのを
投げかけた自分が悪かったのだろうか、むしろ彼は空気を読んでくれたのだろうか。


「オーケー、オーケー」




・・・ぽちゃ



ええええええぇぇーーーー!;
試行錯誤の上にやっと完成した看板と掲示物、全部水に落としちゃったよ!
日の目をみることもなく戦闘不能だよ!!一体全体どうしてそうなるんだぁぁ!!

「あ、おちちゃった」とか言うけど、それおちちゃったんじゃなくて
あなたがおとしたんですからぁぁぁっぁぁああ!
そんなツッコミをまさか入れられるはずもなく、泣く泣く事実を受け入れること泣き寝入り仏のごとし。
そうです。トラブルはつきもの、というよりは基本設定です。さすが人生ハードモード。

===

悲しみに暮れながら船に座る。


・・・と今度はエンジンがかからないというトラブル発生。
今までこんなこと一回もなかったのに、一体どうして今日に限って・・・。
待てど暮らせど掛からないエンジン。

ああこうして僕は初のフェリアに遅刻してしまうんだ。
それどころかコミュニティーの人にも時間通り来ることもできない約束守れないこと烙印されるんだ
もうこれは泣いてもいいですか。なんか私悪いことしましたか?

と思いながら目をつぶりこの湧き上がる感情を必死にこらえていると

「おい、どうしたしょーご!眠いのか?


ち、ち、違うわぁぁぁああああああーーー!
一体何をどうやってどういう解釈したらそうなるんですか!ww
叫びたくなるのを必死に堪えつつちょっと噴きだしてしまう一瞬でした。

====
そんなこんなで40分くらいの奮闘の末、エンジンも無事かかりなんとかコミュニティの人の
ピックアップに成功。無事全員バスにのってもらい近隣都市Usulutánへなんとか時間通り到着。

そこでもテントの数が想定してたより足らないとか
机の数が足りなすぎて自分で調達しなきゃいけなくなったりとか
調達したら「この机じゃ弱すぎて貝が割れないよ」とナチュラルに野次られたりとか
(しまいには、その辺に積んであるレンガを一つ拝借して貝を割る場として提供した。なにこの機転w)

もはやトラブルだらけというか、なんというか。
でも、もういいのです。トラブルが見つかれば何とかすればイイ。
何とかできなかったらゴメンナサイなのです。甘んじて受け入れよう。悟りの境地。

_DSC3856.jpg

そして実際にこんな感じで店開きしました。うちのお店ではcoctel de concha(貝のカクテル)を売ってます。
沈没したため代替の看板クオリティーが著しく下がってるのと、掲示物のノリで貼っつけたヤツらが
水に濡れて剥がれて悲惨になっていますが、まぁまぁ貝も並べていい感じに。

序盤は本気で全然客が来ず、「ああこれはヤッちまったな」感がプンプン漂ってましたが
普通の市販の貝よりも大きい品種(種類)であり物珍しいこともあってちょっとずつ人が
集まってくるように。(後で分かったんだけど、エルサル人は大きい物が大好き。多少質が悪くても
大きい物を買う傾向にあるらしい)他の日本人ボランティアの方々も買ってくれたり、
それを見たエルサル人が買ってくれたりとおかげ様様で盛り上がってくる。

前日倍増したアンケートも前半は、ああまた自分は資源を無駄にしてしまいました。
もはや地球と人類に謝りたい・・・と思ってたものの、途中から切り替えてかった人にアンケート
取るのではなく、もはや店の前を通る人で少し興味を持ってくれた人に突撃していく形式に。
その結果、40枚とまではいかないまでも18人の方に協力してもらうことができました。

肝心の貝も、バケツ二杯分持ってきたのが、終了間際になんと完売!
とりあえず、嬉しかったというかほっとしたって気持ちのほうが大きかったかな。さすがにわざわざ
休みの日に都市まで出てきてもらって全然売れませんでしたじゃ申し訳なさ過ぎる。。
売上も$55と満足のいく結果になりました。
いやーほんとに買ってくれた人ありがとうございました。あなたが神か!

224621_1778953357169_1339447477_31647797_1803130_n.jpg
完売記念!

===

かくして、準備段階から超トラブルだらけだったフェリアをぶじに?出店成功させることができた。
並行してやっていたアンケートと聞き取りからも例えば「若者の貝離れ」のような興味深い仮説が
数点建てることができそうだし、まぁ一歩前進したと行っても過言じゃないと思う。
来週はアンケートとコメントのフィードバックをコミュニティの人たちとやっていこうかなぁ。
とか考えてます。



むちゃくちゃ疲労困憊だったけど、チャレンジしてよかったと思えるフェリアでした。
チャンスを下さった先輩隊員の方々ありがとうございました!

===

最後に水没後無残な姿で発見された看板(未使用)を、フェリア後に少し修正して
撮った写真(なにしてんだww)を載せます。いやーーーこれがあったら1000倍は売れたね!ww

_DSC3883.jpg











関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。