思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練32日目、33日目

DSC_2578.jpg
(近くの駒ヶ根養命酒工場で作った作品たち。僕が作ったのは、左上の怪しげなおっさんです)


中間テストも終わり、訓練もいよいよ折り返しの日曜日。

今日は晴れてとても気持ちが良い日だった。みんな開放された感満載で、

惰眠貪りに勤しんだり、外出を楽しんだりしてたみたいです。

来週からまた頑張らないとイカンでなー!
土曜日は午前中、のみ語学授業。テストが全部返ってきた。
ぴゃらっと公開しちゃうと

リスニング 95/100
グラマー 100/100
スピーキング 82/100

とグラマーがやたらできてスピーキングができないありがちな東大生なパターンw
いい加減グラマーから入る脳の作りを変えていかないとだめだなー。
多分このままじゃ、グラマーが難しくなるに連れて、スピーキングに辿りつくまでの
時間が長くなる。やっぱこの勉強法じゃだめなんだよなー。

基本的に語学の目的は「コミュニケーション」それも「口語によるコミュニケーション」にあるはず。
日本語を習得したはるか昔だって、文法なんて考えずに口から出る言葉がそのまま自分のものになっていた。
文法なんて中学生になってから習う後付のもんに過ぎなかったはずなのに。

日本で新しい語学をやるとなるとどうしても、やっぱり「後付のスピーキング」になっちゃうんよなー。
そして文法の難易度が上がれば上がるほど、頭の反応スピードが遅くなって言葉が出なくなる。
これは確実に語学の勉強の仕方が間違ってるんだろう。もっともっと口から出して
恥じかいて、頭じゃなくて口に叩き込んでいかないと語学はダメだ。

=======

この日はタジェールの顔合わせもあったんだけど、トップ2クラスが6人中4人を占めるうちのクラスは
超ハイレベルになりそうな予感。みんな普通に脳からじゃなくて口からスペイン語が出てるし、
先生もそれを前提に説明してる。やべーーーー。あの速度だとついていけないよ。。。
密かな焦りを覚えながら、なんとか彼ら彼女らに喰らいつけるよう頑張ろうと、燃やす心。

========
IMG_8527 - コピー
(写真は11月6日の朝の集い、エルサルバドルの国旗掲揚にて!同じエルサル隊員と)

午後は講座「任国事情」
この9月にエルサルバドルから帰ってきたOBの方のお話を伺った。
国の大雑把な雰囲気を聞くことができてよかった。
(実はこの時間中よりも、その後に開催された飲み会で個人的に伺ったお話のほうが参考になったりも。
 エルサルバドルという国の状況だけじゃなくて、エルサルバドルで活動してる協力隊の方々が
 どんなかたなのかというお話しを聞けたことが一番の収穫だったかもしれない。)

そのあとは「職種別座談会」
なぜか、もんのすごい疲れていたため、オチないようにするのに必死でした。ごめんなさい。

========
JICAがこういった任国事情とか職種別座談会とかいう場を用意してくださるのは非常にありがたいん
だけど、個人的にはこういう話っていくら聞いても仕方ないような気がしてならない。

百聞は一見に如かず

とはよく言ったもので、どんだけ詳しい話を聴いたところで「ある程度」のイメージを作れる以上の
ことは起きない。逆にその「ある程度」のイメージで現場に臨むことの危険性、先入観の危険性
を誰も唱えないのが僕個人としてはすごく不思議だったりします。先入観とか固定観念に
とらわれずに、現場を観ること、考えること、それがJICAが大切にしてる「任国への敬意」
に一番繋がるはずなのに、先入観の危険性を示唆する講義が一つもないままに、先入観を
もちかねない講義が沢山ある、この現状には大変不安感を覚える。

もちろん、すべての隊員が聞いた話をまるまる信じて現地に臨むわけじゃないし、たぶんみんな
すべての話は一事例に過ぎないと考えてるとは思うけど、、、うーーん。
まぁそれでもやっぱり、僕みたいにユルくて、まぁなんとかなるっしょていう気質の人間だけじゃない
以上はこうやって、現地の一事例を実際に持ってくることで、不安要素を埋める作業が必要なんかね。
不安要素を多く持てば持つほど、その人は先入観でそれを埋めるような気もするけど。
まぁそこは個人に拠るということだろうか。。

少なくとも僕は、何の先入観を持たずZERO白紙の状態で現地に臨みたい。
(それは必ずしも、何の準備もしないということじゃなくて。何も下調べをせず準備もしないのは
 さすがに愚かだよねw)

そんなことをおもったりね。
=========

そして今日日曜日は、仲いいメンバーでユルく養命酒工場に。
上のような作品をみんなで作りました。こういうの性格が現れて面白い。

シンプルで実用性の強いものを作る人がいたり、原案にどんどんデコレーションを加える人がいたり、
絶対に実用性のない妙ちくりんのものを作る人がいたり(ぼくですがw)。
何かで集まるときとかアイスブレークでこういうのやると面白そう。
個人のいろが現れるよね。


=========

さて、来週も頑張るのです!







関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。