思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いやりの難しさ 訓練27日目

今日の駒ヶ根は、晴れてるのに雨が降ったりと微妙な天気。

台風の影響でずっと微妙な天気が続いてたけど、明日からはようやく晴れそうです。

今日は自分でまいた種ではあるけどちょっと悲しい日だった。。

人を想いやるって難しいなぁと実感。
今日のスペイン語は
・意見をを求めるときに使う Que te parece~~?

やっぱりgustar系の動詞は難しい。
英語と全く違うから使い方がぱっと頭に入らない。人の頭はやっぱり面白くて、類似点が
あったほうがはるかに頭に入りやすいってことを最近体感してます。頭のイイ人ってのは
類似点を探すのが上手なひとが多いのかもしれないなぁ。

あとはリスニングに難があることが分かってきた。
この前のエルサルバドル人の方とお話したときにも思ったけど。
ちょっと力入れてリスニングしてかないと・・・!二ヶ月後には渡航って
考えると時間は全然ない。。


============

授業後の3時からは講義「精神衛生」
現地でどのようにして精神衛生を保つのか、壊すとどういう事が起きるのかっていうおはなし。
でも、正直どこかで聞いたような話がほとんどだったし、さらに「じゃあ具体的にどう対策するのか」
ってとこまで話が深彫りされないから(っていうかこんな人それぞれ、ケースバイケースの話を
深彫りするのは無理があるか)今ひとつ。個人的には。
ああいう形の講義を、個別ではなく集団講義として行う意義はもうちょっと考えてもいい気がする。

============

ここ数日、特に今日顕著に思うのは、思いやることの難しさ。
思いやりとこっちが思ってることが全然的はずれだったり、逆もまた然りだったり。

一対一の付き合いだったら、まだ相手のニーズを組もうとして、それに適う形で思いやることって可能だと思う。
じゃあ多数、それも不特定多数、とくに交友関係のない不特定多数だったらどうなるのか。

結局は自分の価値観をものさしにして、またはこれがuniversal justiceだと自分が考えるもの
にそくして「思いやる」ことしか人はできないんだよなー。そして結局これは、「的はずれな」思いやり
につながり、(もちろん見返りを期待してるわけではないが)自分が効いてると思ったほど
聞いてないシーンってのは身の回りにいっぱい出てくる。

ことにこの共同生活っていう状況での「おもいやり」とか「ボランタリティー」ってすごく大事。
それらがないと回っていかないシーンっていっぱいあるし、一般的に「おもいやり」と思われる行動が
人と人との潤滑油的な働きを表しているようにも感じる。

だからこそ意識的にではないにしてもより円滑な関係を求めて、おもいやることが大事。
ここに居ると、ほとんど大多数の人が本当に「いい人」で思わずこれを忘れがちだけど、ほんとうに重要。


・・・なはずなんだけど

一人ひとり違う価値観の中で、この「おもいやり」が全く違って認識されてるから難しい。
ひとの思いやりを当然と思ってる人もいるし、自分だってあとになって「ああ、あれは!」って
振り返って初めて気がつくことも多い。(さらにはいまだに気づいていない部分も多いはず)

「ずれた」思いやりがひとを苛立たせてることもある。

自分が良かれと思ってした行為が、相手を傷つけることもある。

それでも、共同生活をする上では思いやりは重要。
なすのが怖くともなさねばならぬ。


そんな難しい状況です。

200人も人がいれば、得手不得手はそれぞれあるはず。
個人的には勉強は得意だけど、身の回りの整理整頓、提出物、などなどは超苦手です。
そういうでこぼこした人間同士だからこそ、ボコをデコで補い、補われ、そういう関係を
思いやりを通して築けるのが、理想的な共同生活なんだろうなーって思うわけです。

==============

とりあえず、不慮の事故であれ名札を落とし、スタッフルームにそれが届けられ、スタッフルームに
申告しに行ったら怒られ、反省文を義務付けられた身としては、今日という日は訓練中でも有数の
悲しい日になったわけで。それでも「なんで直接届けてくれなかったんだ・・・」っていうやりきれない
思いを何とかねじり込み抑えこみ、改めてもっとしっかりしないとなーと気合を改め、忘れられない今日
があるとはいえそれでも明日誰かを思いやれる自分でありたいと願うわけです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。