思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊かさという問い16日目、17日目

昨日は講義「技術と開発の〈かたち〉」があった。

この講義は選択講義で〈普段受けてるのは基本的に必修)とっても取らなくても良かったんだけど

今まで受けた講義の中で3本指に入るくらい興味深い講義だった!橋爪先生の宗教に並ぶくらいの良さ!

駒ヶ根での講義は当たり外れが激しくて、日々いろいろな意味で楽しませてもらってます。


昨日のスペイン語は
・~が好きです、をいうme gusta~~
・saberとconocerの違い

今日のスペイン語は
・~~するつもりの ir a INFINITIVO
・~~しようと思うの pensar INFINITIVO
・~~したいの quere INFINITIVO
・関係代名詞queの概要

をやってます。
今日からスペイン語での日記が義務付けられて、その進路の速さに驚かされる。
英語と同じ文章の作り方とはいえ、二週間そこそこで自由英作文〈英作ではないか)とか
テーマに沿って文章を書いたりできるようになるもんなんだなぁ。集中して勉強するってのは
すごいことだと思う。11月第一週にある中間テストからが厳しいっていう話を聞くけど、
とりあえず今のところの授業のペースは心地良くこなせてる。あとはもう少し単語のインプットを
増やしていきたいところだけど。

=============

そして昨日の講義、中村尚志先生の「技術と開発の〈かたち〉」は本当に面白かった。
技術を、社会環境を担う行為のかたち、と定義した上でJICAボランティアがどのように
国際的な豊かさに貢献していけるかという内容だったんだけど、複雑な社会を変に簡潔化して
捉えるのではなく二元論に押し込めるのでもなく、ありのままを許容した上で、豊かさに
つなげえ良くっていう切り口が非常に興味深かった。

戦争と平和はべつものなのか?
学校が置ければ豊かか、病院が多ければ豊かか?

などの問いは、グローバル化が進み様々な価値観・意志が混じり合うこれからの社会では
もっと慎重に問われる必要があるんだろう。常々悩ましいのは、日本的な価値観での支援が
必ずしも「豊かさ」の醸成にはつながらないてのは前提としても、それじゃ突き詰めていけば
よそ者は結局何もすることはできないんじゃないかということ。これは2年間でやっぱり
自分なりに見極めて来たい。

ただ中村先生が、ボランティアというものを、自発性とか無償性とかで定義するのではなく、
越境する多重・多元生活の媒介者(そのまま引用)として定義してるのにはなんだか、救われた
気がした。無償でやることに価値を置くのではなく、自発的な行為に価値を置くのでもなく、
ボーダーをまたいだ立場(いまなら先進国と途上国か?〉からお互いに「良い」影響を与え合う。
そんな存在をきっと目指していけばいいんだろうなぁ。

そういう講義をご教授くださった中村先生なりの「豊かさ」の定義は

豊かさ:〈声帯の振動が鼓膜に共鳴する空間〉の拡充

ということだった。ふーむ。
やっぱり21世紀的な豊かさを人と人とのつながりに求める方向性としては悪くないんだろう。
でも興味深いのはネットを媒介したチャットとかskypではなくて、その「声帯」の振動が
「鼓膜」に共鳴するとしているところだと思う。

個人的に思っていた豊かさ「人と人とのつながりとひろがり」っていうのよりも
より、人間的であって身体性を持った豊かさなんだろうなぁ。
すごく勉強になったし、個人的に賛成してもらえる部分もあると思うので勇気が湧いた講義でした。


=========
今日の講義は「海外赴任者の疾病動向と健康管理」だったんだけど、今日のは逆にさっぱり。
解ってはいても健康そのものの今の状態で、疾病に関して考えるのは興味が持ちにくい。。

=========

そんな今日この頃。

ちょっと風邪ぎみで喉痛、鼻水なんだけど、共同生活をしているからか
いろいろな人が優しくしてくれて嬉しい。のど飴買ってきてくれたり、葛根湯くれたり。

もうに週間が過ぎた共同生活で培われつつある、一体感とか思いやりとかってのは
確実に「声帯の振動が鼓膜に共鳴している」状況であり、日に日にそれが広がっていくさまは
まさに「豊かさ」の一つの形だと思う。駒ヶ根での訓練はそういう非常に豊かである。

そういう中で自分がどのようにこの豊かさに還元していけるのか
今日はそんなことを考えながら休もうと思います。

貰いっぱなしじゃだめだ!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。