思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣前訓練 1日目

いよいよ東京を離れ今日から派遣前訓練が始まった。

2ヶ月間、200人との共同生活。一体どんなドラマが、楽しみが、苦しみが待ってるのか。

想像もつかないけど、とりあえず初日はむちゃくちゃ楽しめた気がする。
========
感動の東京都の別れは、8時に新宿をたつはずが7時45分に新宿に着くというギリギリな展開に。
最後までこんな感じで本当にダメダメっす。

訓練中の目標1:期限に余裕を持って行動する

そんなこんなで11時半前に長野県駒ヶ根ICに到着。
そこからバスで揺られること20分くらい。駒ヶ根訓練所に到着です。

JICAの言葉の使い方の一つひとつは注意深く見てみると実に面白い。
この2ヶ月65日の合宿も「研修」ではなく「訓練」という言葉を使っている。
研修よりも訓練の方が、現地にリアリティーを持って臨むイメージがある。
あくまで派遣されたその先を意識して、合宿に望めという無言のメッセージだろうか。

合宿に入ることを「入所」、出ることを「退所」というのもなかなかw
たしかにここはぞくせとは隔離されてるし、入所退所なんて言葉は結構たいそれててなかなか
使わないだけに、いっそうこの日現実的な時間を演出できるという目論見があるんだろうか。

さらには、派遣される国を「派遣国」とかくのではなくて「受入国」と表現する機会が多いことも
ここ数年の協力隊のスタンスを反映しているように思う。ここ数年「自己成長」『自己改革」を
売りにだいしている協力隊だからこそ、若造をいわゆる発展途上国に「受け入れてもらう」。
そんな姿勢を取っているような気が僕にはしている。

========

今日は簡単なガイダンス3時間のあと夕食。
その後みんなでコンビニまでウォーキングしたり、コーヒー入れてだべったり。
語学の問題的にいつまでこういう余裕が続くかわかんないけど、コミュニケーションできる
時間を大切に、なるべく多くの方と関わっていきたい。

ちなみにブログ、ツイッターは全部申請する必要があるそうな!
最初その話を聞いたときは、んなあほな、とも思ったけど、JICA自身その考えの古さ
は認めているようだったし、今後改善される機運もあるようだったので、好印象でした。
規則をカエルのって大変だと思うけど、それをしないと確実に時代に乗り遅れる。
協力隊を少しでも「いまのもの」としてキャッチアップし広く広めるためにもガンバッテ欲しいものです。

この記事をアップする頃には僕は申請を出してるでしょう。

========
明日は、合意書提出(これをもって身分が青年海外協力隊になる・・・らしい?)
入所式、語学のクラス分けテスト、ガイダンスガイダンスガイダンス・・・
と盛り沢山ですが、頑張っていきまーす。

語学、あんな勉強法でほんとに大丈夫かな、、

結構心配です。笑


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。