思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと何度このドアノブを回せるのか

100129.jpg

卒論提出まであと15時間半。

その時間を超えるといよいよ引越しまでのカウントダウンがはじまる。

引越しは31日。ここまで寂しいと感じるものなんだなぁと思うと改めて

この駒込の家に感謝したくなる。この家との思い出を振り返って

ちょっと泣きそうになる。

この家で何人の人と飲み、何人の人が潰れたんだろう。

何人の人と語り、何人の人が泣いたんだろう。


ほんとにいい家だったなーって思う。

=========

駒場時代は、世田谷線というマイナーな路線が通ってる若林というところに住んでいた。
僕はあの家が大嫌いだった。もともと両親が僕の受験期に「息子の家さがし」という名目で
東京旅行に来て、半ばおまけのような形で見つけられたその家は、6畳ひと間、天井は低いし
古くなった畳がなんだかくさいし、本当に好きになる要素の無い家だった。

農学部・弥生キャンパスに進学する事になった僕は、これいい機会!ということですぐさま家さがしを始めた。
一刻も早くあの家を去りたかった。一刻も早く自分の気に入る家に引っ越したかった。
でも家さがしはそれほど楽ではなかった。湯島-根津-千駄木あたりで探すも、なかなか
広くて快適そうな、自分が好きになれる家は見つからなかった。歩いて歩いて、自分で不動産屋をひとつずつ
まわり、良さそう、と思っては実際に行ってみてちょっと失望して・・・の繰り返し。

2日間くらい家さがしに費やして、2日目の夕方これダメだったら駒込も諦めようっていうときに
紹介してもらったったのが、今のこの家だった。一瞬で好きなった。ここだって思った。
1DKながらも6畳2間、山手線の中の割に値段も悪くない。まさに最高の物件だと思い、その日の内に
契約した。正直、心が踊った。

そして自分の中で、テニスからいろんな方面へと興味がシフトして人間的に大きな転換点を
迎えていた2年生終わり~3年生という期間をこの家で過ごした。本当にいろんな人があそびにきてくれ
時には夜通し飲んだり、時にはよった先輩が真夜中に乱入してきたり、そして時には騒ぎすぎて隣の人に
怒られたり。東京に遊びに来た高校の友人を泊めて一晩中語った夜もあった。親友をここに呼んで将来の
相談をしたこともあった。


本当にこの家には楽しい思い出しかない。


学生生活が続く限り、いや社会人になってもこの家に住み続けたいと思ってた。


でも終わりは突然だった。両親からの妹と一緒に住めとの命令。
両親の言い分だって分かる。3人東京にやることがどれくらい経済的な負担になるかも分かるつもり。
それでも相談くらいして欲しかったのに、交渉くらいしたかったのに、終わりはやっぱり突然だった。

また両親か。

さすがに今回は「うん」と素直にうなずけず、論理的に代案を提案してみた。
それがさらに両親の癪に触り、結局感情的に言葉を投げつけられ交渉決裂。
両親との関係も急速に悪くなった。

============
でも、それでもまだまだ先だろうと思っていた引越し。
でもタイムリミットは迫っている。あと二日。

当たり前に駒込の家に帰ってきて、当たり前にシャワーを浴び、当たり前ベッドで寝る。
当たり前に起きて、のそのそと準備して、当たり前のように大学へいく。
時には一人暮らしという最高の気楽さを満喫し、好きなときに音楽を聞きながら自分で飯を作る。
時には気のおけない友人と騒いで朝まで飲み明かす。

そんな自分が“あたりまえ”に送ってきた生活は、あと二日で崩れ去る。
“当たり前“はあと二日で突如貴重 ”だった”モノに変わてしまう。あと二日。フツカ。
実感がわかない。全くわかない。それでもあと二日でこの生活は終わる。
一分一秒でも長くこの家にいたい。一分一秒でも引越しを遅らせたい。

こんな時自分はどうしたらいいんだろう。

引越しのための片付けすらまだ手付かずです。

==========

この家のおかげでいろんな人のいろんな一面を見ることができた。

この家のおかげで自分は冷静に思考して動けるように成長してきた。

この家に帰ってこれると思ったからフィールドワークも卒論も頑張れた。

この家があるからこそ、この駒込という街が大好きになった。


あと二日間。
あらん限りの感謝の気持ちを込めてこの家を愛そう。
この家から創った最高の大学生活の思い出を全力で自分の脳裏に刻み込もう。


寂しい気持ちを抑えて、そう心から思う。


==============
==============

卒論提出まであと15時間!起きたら絶対にやりきって見せる!

そして明日は卒論書いたあとiPhone我慢した代わりのデジタル一眼レフを買う!!
NikonのD5000にするかCanonのkiss x3にするか最後の悩み中。。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/29(金) 11:33 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。