思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

visionを持って考える

IMG_0744.jpg

梅雨明けキタ――――!!ってことで今年も暑い夏が開幕です!!

いやーーーテンションあがってきましたよ、オートで!!

****

すごいよなーって思うのは空の色。

曇って雨降ってまた曇って…のスパイラルの梅雨を抜けるとこんなにも空って青かたっけ?

って思えるくらいの青空が広がり梅雨が明ける。確実に梅雨入り前の空と夏の空は色が違う。

さてさて、今年はどんな夏が待っているのか。




今年も夏が楽しみな方は是非!

*******

そんな夏の到来に少し遅れて、昨日の夜タスクのヤマ場を越えた。

大型のタスクを乗り越える時に「あーーむっちゃ重要…なんでそれすら頭にないの…」

何度も嘆きたくなったのがビジョンの重要性だった。
wordで卒論の構想のゼミ資料10枚作成
pptで説明会に向けて15分くらいトーク用に作成

ない私はこんな課題を同時進行形で2日間くらいの間にこなさなくてはならず
普段からちゃんと仕事してればこんなくらい楽勝かも知んないけど、ちゃらんぽらんで
デスクワークになれないあたくしは、正直なんかもうメルトダウンしちゃいそうだったw

作業をしても、全力であがいても、やってるうちにどうも「??」ってなってなかなか見えてこない。
今作業している部分が全体像の中でどのような役割を果たしてるのかってことが全然自分でも
把握できてこなかった。そんな中での作業は終わりも見えず想像を絶するくらいきつかった。


*********

これは全部そのタスクに対するvisionが見えてなかったからか―と終わった今感じる。(手遅れwww

ゼミのレジュメを書くなら何がゴールなのかっていうか何のため(どんなゴールに向かって)に
レジュメを書くのか議論するため。それじゃ何が議論したいのか、その論点を議論するためには
どんな情報を提示しなくちゃいけないのか。

pptを作るならなんでこの資料を作るのか、誰かを動かすため?ならその人はどんな情報を
知りたいのか?なんでそれが知りたくなるのか?動かすためにはどういう資料、情報を
盛り込めばいいのか。どこを強調したいのか。


そんな根本的な疑問連鎖が自分の中でほとんどといっていいほど無かったのが、今回の敗因か。
この問いかけを裏返したところに(なぜ?⇒だったらこうすればいい)、どうやって戦略を立てれば
いいか、が隠れている事なんて容易に分かってることなのに、相変わらずその問いかけの部分が
弱い。

ビジョンがない時のアウトプットなんかは最悪である。(って今回なんだけど
自分自身もどこに向かってるかわからないから出すべき情報がまとまりきらず冗長で
どこが大切かもさして分からない抑揚のないアウトプットができる。
そしてそれが冗長で抑揚がないこともわかっちゃう自己嫌悪。

はぁたまりませんなぁ。

*********

自分の中の分析では、タスクが現実に近づけば近づくほど自分の中でのビジョンがぼやける
傾向にある。(これは個人差があるかもしれないけど・・・どうなんだろう?)

例えば、人生のビジョンは何ですか?10年後のビジョンは何ですか?
と問われればスラスラ出てくるのに、(しかもこのスラスラは適当な口八丁手八丁ではなく
結構いろいろ考えた結果としてのビジョンなのに)じゃ卒論は?レジュメは?pptは?
といわれると途端に弱いビジョン、闇霧がかったビジョンしか出なくなる。

自分だけだろうか?

目の前の決断から逃げてるからこうなるのかなー。
もうちょっと目の前のことに気を配って勇気を出してビジョンを決めて行く必要がある。


*******

さらに最近vision系(そんな系統がいつできたw)で悩んでるのは、組織をまとめて行く時。
世間一般にいわゆるリーダーシップ(この就活語のような言葉を日本で使う時に若干の恥じらいを
覚えるのはいったい何でだろう、あれ?僕だけ?まぁ海外の事も知らんけど)をとる時に大まかに

① visionを示して激烈にそこに引っ張っていく
② visionは個々人が違ってもよく軌道修正と重要な分岐点のみ引っ張る


の二種類の取り方があると思う。

①はまぁわかりやすいリーダーシップで
 ・リーダーにある程度超越したカリスマ性があってみんながついていく要素がある
 ・メンバーのコミット率がみな高くvisionに対して引きを覚えない

等の条件がそろった時に①をとりやすい。結構アメリカ的だよね。
でも正直前者でいうカリスマ性がないと組織が空中分解するのは某サークルで見た例によく
言えるし、規模の大小によってだいぶ違ってくるけどコミット率もまた個々人のグラデーションであり、
一番コミットしてない人は常にリーダーに申し訳なさを覚えやがて消えて行く場合が多い。


一方②の場合はこれがリーダーシップかどうかは分からないけど
 ・リーダーとメンバーがほぼ同等、またはメンバーの方がやや良質な能力を持ってる場合
 ・メンバーひとりひとりにしっかり考える力がある場合

等の条件で②をとることになるんじゃないかと考える。
果たしてこの組織がもと待っているのかどうかは分からず、実はいつも空中分解してるのかも。
ただ個人のモチベーションを尊重できて、一度食らいつきはじめたら①よりも大きな結果を
残しやすい形だと思ってる。



うーーーんどういう道をとるのがいいんだろう。
これについてはもう少し考察が必要です。



ビジョン重要です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
「木を見て森を見ず」ってやつか…

確かに、全体像は常に意識していたい、と思うよね。
結構僕はそこんとこのこだわりが強い気がする。
ただ、その分、枝葉末節の部分を突き詰めるような
厳密さとかこだわりってのはまだ強くないのかなー、と。

要はバランス、ってことなのか…?
まだまだ修業が必要だなぁと感じる今日この頃。
2009/07/16(木) 01:44 | URL | りょーたろー #-[ 編集]
Re: No title
や―――修業超重要だよね。
もっともっと人間力アップさせたいっていうか、人として練磨されたい。
でもいったい何のために人間力アップするんだろう…?とふと最近疑問に
思っちゃうんだ。なーんでなんでしょうね?w

木を見て森を見ずって簡単に言うけど実はこれは入れ子構造だなって思ってる。

葉を見て枝を見ず
枝を見て木を見ず
木を見て森を見ず
森を見て山を見ず・・・
すべて見れたら一番いいのはもちろんだけど、そんなのはムズイよねー
一体今自分がどの程度見えてるのか把握することが大事なような気がする。


・・・ってごめん、なんだか暑くてwwww夏だからwww
いい加減に総合しっぽり飲み実現しないとね。



> 「木を見て森を見ず」ってやつか…
>
> 確かに、全体像は常に意識していたい、と思うよね。
> 結構僕はそこんとこのこだわりが強い気がする。
> ただ、その分、枝葉末節の部分を突き詰めるような
> 厳密さとかこだわりってのはまだ強くないのかなー、と。
>
> 要はバランス、ってことなのか…?
> まだまだ修業が必要だなぁと感じる今日この頃。
2009/07/17(金) 10:58 | URL | しょーご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。