思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜエヴァンゲリオンに共感できなかったのか

エヴァンゲリオンを見た。

研究室を颯爽と切り上げて帰宅して満を持してみたんだけどどうもこれが見事に期待外れ。

最近、騒がれてる映画を見るとあーやっぱこりゃ騒がれるだけあるな、、って思ってたんだけど

なんでだか全く共感できなかった・・・。



この映画自体を批判するんじゃなくて、あくまでなんで自分がこの映画に共感できなかったのか

っていう考察として、一つ残しておこう。”共感できなかった事実を通して見る自分と社会”的なね。

あくまで批判じゃないからね、炎上しないでねww
どうも納得いかない。

っていうかあの映画の良さが分からない。
SFっていうジャンルに属させるなら(アニメという点を除いて)やっぱり比較対象として思うかぶのは
スターウォーズである。友人などの日記を参考にエヴァンゲリオンの見どころを考えて行く。

・映像、CGがいい
 うーーん。確かにあの正八面体の使徒が「チュインチュイン」ってなるところはよかったけど
 やっぱりSWと比べるとどうしても見劣りする。あれ?やっぱSWを比較対象に出すの間違って
 るのかな・・・。一応SWは世界規模だしなww

  
 ヨーダvsパルパティン
 これは劇場でも鳥肌ものだった。アニメならこれを超えるくらいもできるはずなのに、あえてそれをし  なかった理由はいかに。さらに民主主義の崩壊っていうメッセージ性もこもっててこのシーンは
 本当に激アツ。



・音楽がいい
 これは反対。さすがにあれで音楽いいとは言わせない。
 
 スターウォーズは音楽面でも完成度が非常に高い。
 有名なあれだけじゃなくて、ダースベーダーのテーマとかその他もろもろ。


・あの哲学観がやばい
 う――んこればかりは何とも言えない。おそらく劇場版だけを見るなら「破」とラス一を見ないと
 分かんないだろうなぁー。アニメの要約をレビューすると確かにシンジ君の内面にどんどん迫っ
 ていって哲学的な雰囲気になりそうな感はある。ちょっとここには期待。



他にももっとここ見ろよっっ!!
ってのがもしあれば教えてほしいです。ガチで。



********

こんな自分が納得できなかったエヴァンゲリオンの良さを踏まえて、反省、問題点探しと
その分析をしてみる。


まずは自分にたいする問題点

・期待値が大きすぎた
 --友人の中には一部セリフを暗記しているような人もいる。そんなおもろいのかーと思って
   期待値で臨んだ自分がいた。俗に言うターミネーター3の原理。

・アニメに対するバイアス
 --僕はあんまアニメとか見ない人種で、「アニメの見方」っていうのを把握してなかっただけでなく
  (←そもそもそんなのあるか知らんけどw)どこかアニメに対する偏見というかそういうのはあった。

・自分の解釈が他の人に著しく劣っている
 --いやいや、しょーご君一体どこに目がついてるんですか、っていう説。あの映画の意図するところ
  が全然分かっていなかった可能性もある。ひぃぃぃ恥ずかしいw


そして映画そのものとして

・対象が原作、アニメ、旧劇場版を知ってる人だった
 --要は全体のストーリーを把握してる人向けに作られてて、それを知らないあたしゃ
   蚊帳の外っていう説。「あ、今回はあそこが違ったよね」的な視点で楽しむモノ。
   でもこれだと劇場版があんなに動員していたことを説明できない。
   原作、アニメ、旧劇場版を見ていない新規顧客も「序」をたくさん見に行ったはずである。


・ストーリーが初心者では不明
 --複雑すぎて所見では誰もわからない説。上のと重複してるけどちょい違う。
  でもこれだと「破」の動員数が確保されていることが説明できない。



社会的なモノにも目を向けてみると   
・流行にはのっとけ的な精神
 --とりあえず見ることに意義がある、っていう日本的風潮は否めない。
   現に僕もそういう理由で今回見たわけだし。

・そもそも流行していない
 --これは地味にあるかもしれない。主に大学生~アラサ―(俗に言うエヴァ世代)に向けて
  作られた作品で、日本規模でみると意外と流行ってないのかもしれない。実際に公開されて
  いる映画館はどこも満席らしいが、「公開されている映画館」自体はそれほど多くないという。
  ニュースでもよく目にするが、そのニュースの実態は主にエヴァ世代がよく使うmixiニュース
  だったりする。大学っていう社会・文化に身を浸すと世の中の風潮がいまいち本当に
  つかめているのか疑わしくなる時がある。今がそう。
 
****


たぶんどれが主原因とかじゃなくてこんな感じの要因が絡み合ってるんだろうな-。
流行ってやっぱなにに関しても注目すると興味深い。一種のバブルに似たようなものも
強く感じる。


【結論】
流行が面白いのはよーくわかった

でも俺はエヴァの面白みを知りたい!!(←切実





どんな見方しても結局エヴァを見てしまう仲間は是非!w
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
確かに序は、単発の映画としてはありふれたアニメに近づいた感が否めない…。

ただ、TV版が主人公(≒庵野監督自身)の
内面の移り変わりに重点を置いたがために、
混沌とした物語になってしまったから、
今回の新劇場版・序はストーリーを単純に変更して、
TV版のファン向けに新たな謎も追加して…、みたいな。

やっぱTV版全話見るべきだよ!このサイトを参照しながら。
http://homepage3.nifty.com/mana/eva.htm

その暁には、新劇場版・破を見に行こう。
2009/07/04(土) 02:24 | URL | りょーたろー #-[ 編集]
No title
序は興業収入20億やからめちゃくちゃヒットしたわけではないかな。ストーリーに違いが出るのは破からという風評があったし、原作ファンでも劇場まで観に行かなかった人も少なくない(はず)。

破がこれほど騒がれているのは(といっても2日で興収5億、ハウル・花男はそれぞれ14億・10億スタートだから『そもそも・・』の見解はきっと合ってる)、前述の新展開や新キャラに対する期待、あとはCR新世紀エヴァンゲリオンがかなりヒットしてるからそこからの新規の巻き込みがあったりと、いろいろがうまく作用してこれほどのムーブメントになってる(っぽく見える)。なんちゅうの日記にあったようにエヴァ携帯も出るし。

おもしろさという意味ではどうかなー。
↑の方の言うようにとりあえずTV版(と当時公開の映画)全話見てほしいけど、今回の映画シリーズがそれよりおもしろいかは不明。庵野監督自身はずっと続編とかはないと言ってたから、ほんとに作りたくて作ってるのかわからんし。

とりあえず全部観てみてから考えようと思っとります。
2009/07/04(土) 03:13 | URL | osugi #-[ 編集]
ありがとうございます!
この前教えてくえれたサイトのおかげで、ようやく借金完済できました!
http://1g8sr4.com/f12/i443bav/
明日からギャンブルはほどほどにします(笑)
2009/07/04(土) 11:07 | URL | ジャムぱん #4SZw2tfw[ 編集]
Re: No title
>>りょーちん
そもそも主人公≒庵野監督なんだ!!?
なんだその複雑さは。じゃ監督はシンジ君と同じくらい気弱で
うじうじしてて、ひんまがってるのかなぁ・・・友達になれなそうw

でもそういう観点も加えてこれは一回アニメを見る必要はありそうだね。
時間作ってでも頑張ってみる。サイト紹介もマジ助かるサンクス!
2009/07/08(水) 00:25 | URL | しょーご #-[ 編集]
Re: No title
すぎちゃん

「破」では違いが出るみたいねー。そもそもそういうのを楽しむ映画なら
今回俺が「序」を楽しめなかったのも当然かもしれない。でもそれって、映画の在り方として
ちょっとせこい気はするけど。リメイクではオビワンがダースベーダーになりました、、とか
そんなテンションでしょ?w

たしかにパチンコ(スロット?)とかも超流行ってるし、予想以上に
新規参入顧客の幅は広いかもね。そういう意味で一連のエヴァンゲリオン現象を
社会学するのは面白そう。・・・そういう発想しちゃう私はやっぱり映画とかドラマとか
を楽しむタイプの人間ではないかもww
2009/07/08(水) 00:29 | URL | しょーご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。