思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】調査されるという迷惑

No imageなのが残念ですが。

「調査されるという迷惑」 安渓遊地


前回読んだ「ネイティブの人類学と民俗学」に関連して。
フィールドワークをする人だけじゃなくて心理学、教育学など「人」を対象とする研究、職業
につく人に是非読んでほしい一冊。いかに自分が「調査する側」とか「学問をする者」として驕った
気持ちで対象となる人々に望んでいるかを反省させられる一冊。

フィールドワークという研究ツールの弱点を、フィールドワークそのものを通して
発見する安渓さんの観察眼の鋭さと、その弱点をいかに克服するかという事を身を持って
示した安渓さんの人間性に感服。そしてやはりこういう一連の考え方、見方が「忘れられた日本人」
の著者、宮本常一からきていることに納得!

「調査する側」「される側」という固定した対立関係を
「ともに仲間となる」新しい地平へ向けて解き放つ道についての提案です。

(はじめに より)



村の人の生の声が書いてあったり、自身の失敗談も綴られていて勉強になる。
最終的にどうやって引用部の境地に至るのか、という話にメインとして触れられていないのが
多少残念だけど、ここばかりは「調査する側」の力量次第な気もする。

本当に100ページくらいで、文体も超読みやすいので激しくおススメ!




*********
ガイアの定例ミーティングが終わった後、キレ者の友人たちとモチベーションの話を腹を割ってした。
ああそういえば最近こういう自省的な話を、超まじめにする機会ってなかったなぁと思いながら、
少しの間どこかに失せていた仕事欲というか、活動欲のようなものがフツフツと再燃してくるのを実感。

そうだーー!!自分はもっとガツガツと動かないと!
自分はもっと自分の力を磨かないと!

こういうこと気付かせてくれる、友人ってホント重要、そして貴重。
こういう人たちのために120%の力で活動できる人間にならねば――!!

よっしゃ

ドンと来いタスク!!


Don't come tasks!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ともに仲間になるのは難しいですが
Shooogoさん、初めまして。安渓遊地です。ずいぶん持ち上げて下さって、ありがとうございます。私のHPにも引用させて頂きたく存じます。
 フィールドとのつきあいについては、伊谷純一郎という師匠の歩んだ道にも大きな影響をうけています。常一先生には大きな影響をうけていますが、直接には延べで2時間もお話していないと思います。
 こんど、『大学生をムラに呼ぼう』 という本と『出すぎる杭は打たれない――痛快地球人録』というブックレットを、みずのわ出版から出しました。仲間になる道と、仲間からはずれても生きていく道についてまとめたつもりです。メールで注文してくだされば、格安でお送りいたします。ホント。
2009/07/16(木) 23:30 | URL | そのままペンネーム #ZYM.0mFo[ 編集]
Re: ともに仲間になるのは難しいですが
安渓遊地先生

はじめまして。コメントありがとうございます。
このような駄文にコメントしてくださるなんて言うことが、あまりにも衝撃的過ぎて
僕はコメントを見た瞬間コーヒーをこぼしてしまいました。ブログをやっていてよかった。
というか、レビューをもう少し時間をかけてしっかり書けばよかった…。と恥ました。
「書かれる側」からのまなざしを意識しなかった結果だと反省しました。

このような一学生のブログにもコメントしてくださる安渓先生の精神が、
「調査される側」の気持ちを汲もうとする姿勢を表しているなぁと感動しています。

興奮のあまり全く支離滅裂な文章になってしまいましたが(すみません)、
紹介してくださった本は是非読みたいと思いますので、メールいたします。
よろしくお願いいたします。





> Shooogoさん、初めまして。安渓遊地です。ずいぶん持ち上げて下さって、ありがとうございます。私のHPにも引用させて頂きたく存じます。
>  フィールドとのつきあいについては、伊谷純一郎という師匠の歩んだ道にも大きな影響をうけています。常一先生には大きな影響をうけていますが、直接には延べで2時間もお話していないと思います。
>  こんど、『大学生をムラに呼ぼう』 という本と『出すぎる杭は打たれない――痛快地球人録』というブックレットを、みずのわ出版から出しました。仲間になる道と、仲間からはずれても生きていく道についてまとめたつもりです。メールで注文してくだされば、格安でお送りいたします。ホント。
2009/07/17(金) 11:07 | URL | しょーご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。