思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内的インセンティブと外的インセンティブ ~将来どう働くのか

昨日はサークルの一風変わったメンバーと飲んだ。
サークルのといってもとうの昔にメインストリームから離れ、サークル外での場所で自分を
磨き続けた人たちとの飲みで。こういう飲みにはいつもの馬鹿騒ぎとはまた違った良さがある。

*******

就活がひと段落して、っていう時期だけに話は自然と将来のことになった。

こういう事を話すといつも思うのが、「ビジネスを追求して何が楽しいか」ということ。


個人的には性格上夢見がちで、理想主義でそれゆえの甘さもあるから、どうも
「自分が納得行く仕事を」「お金は二の次で」とか考えてしまう。この考え方は実は非常に
聞こえがよくて、一部の人たちからは熱烈な支持を受ける。
「やっぱお金じゃないよね」「夢を追いかけるっていいよね」的な。

でも実は、僕自身もそんななんだ在り来たりなキャッチフレーズに乗せられて、そこを目指してる感も
否定はできず、その将来に対する展望の甘さに最近疑問を感じつつもあった。

よく「ビジネスを追求して何が楽しいのか」っていう質問をすると(そんなにする機会ないけどw)
批判されたと捉えられてしまうのか、躍起になって、ビジネス主義の利点を主張し、こっちの甘さを
徹底追求する人がいる。この手のタイプには正直質問しても無意味だと最近気づき始めた。
彼らはビジネス主義の利点欠点を見据えた上で、自己分析しているわけではないから。


昨日はみんなが異なる価値観にも目を向け、そのうえで自分の立ち位置を決めるタイ
プの人間だったから、久々にこの質問をした。


ビジネスを追求して何が楽しいのか
、と
その答えが

評価されたい。お金は一番わかりやすく、共通の評価基準だから。

っていうものだった。うん、久々にしっくりくる解答だった。(さすがというべきか、なんというべきか)
要はここでも個人のインセンティブの違いが大きく影響している。

ビジネス(=評価)の追求=外的インセンティブ
自己満足の追求=内的インセンティブ

簡単に切るとこうなんだよね、きっと。
何度もいうけどこれはどっちがイイとか、どっちが悪いとかそういった二元論的問題ではなく。
むしろワルイがあるとすれば、どちらかに傾倒することか。(これすらも悪いとするのは難しいけど)


評価されたがる彼らは、外的インセンティブで動ける人間だから、ネームバリューと力のある
会社でバリバリ働き、力をつけ個人の評価を上げていく。その一番見え安い基準が「お金」として
現れる。そしてその過程で自分のやりたい事が出来ればな・・・と考える。


一方

自己満足を追求する僕は、内的インセンティブで動く人間だから、とりあえず自分のやりたい事を
自分の満足するようにやる。おそらく自分に対する評価基準は仕事に対する満足度(非常に抽象的)
に現れるのか。そしてその過程で生活していくお金が稼げれば・・・と考える。


この差か。妙にすっきり。そんな瞬間。


それでも自分はもう少しビジネスのことも考えないとなーって最近思う。
もっと外的インセンティブよりの人間になりたいのかな。

これに限らず、最近いろんな面でニュートラルを目指そうとしている自分がいる。
人はこうやって丸くなって、大人になっていくのかと考えるとちょっと悔しくてちょっと怖い。
でも抗うべきなのかどうかは、分からない。そんな葛藤に生きるこの頃。




ニュートラルはイイことかワルイことか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
偏りたくないけど結局中途半端なやつができあがってしまいそうで悩む。たぶん悩みすぎる結果中途半端になる気もするが…
2009/06/04(木) 00:41 | URL | こーの #-[ 編集]
No title
思い出したようにコメントを残しまくるw

ニュートラルっていうけど、
やっぱ俺はこれだっ!!!っていうこだわりだったり
武器は必要じゃないかな。
それが縦方向に伸びるもんだとすれば、
横方向に周辺分野だったりの裾野を広げていくとか…?
僕はそんなイメージです。ニュートラルとは違うかもだけど。

ちなみに僕も内的インセンティブ強めです。
2009/06/08(月) 02:14 | URL | りょーたろー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。