思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】「インド式」インテリジェンス



最近このPVがツボすぎてヤバい!

もともと「いきものがかり」はいいの歌ってると思ってたけど、このPVは別格!
いきものがかりは顔が残念っていうの定説だったけどそれを打ち破る一本w
カラオケで踊りマスターしてこの曲を女の子が歌ったらドキッとしない男はいないと思う。


あれ?何のレビューだっけ??ww


「インド式」インテリジェンス-教育・ビジネス・政治を輝かせる多彩性の力 (祥伝社新書141)「インド式」インテリジェンス-教育・ビジネス・政治を輝かせる多彩性の力 (祥伝社新書141)
(2009/01/30)
須田 アルナローラ

商品詳細を見る

夏のインド渡航に向けて第一弾!

「人と同じこと(統一性)」を重視する日本に対してインドは「人と違う事(多様性)」
を重視するってことがベースメッセージ。このままじゃ日本やばいんじゃね?
っていう視点です。

ものすごいバイアスのかかった視点から斬ってくるからたじろいでしまった。
確かにインドの高等教育を受けた上流階級層はそうかもしれないけど、あの
人口大国が、その上層階級一部を持って「インド」と語られてしまうことにひどく違和感。
でもそれはインドという国に興味を持つ人の多くが、「ビジネス」という観点で興味を持ち
開発とか貧困とかそういうキーワードで見る人は比較的少ないから仕方ないのかなぁとも
おもいつつ。

なかでも「カーストの低い人たちは、追う責任も小さいから平等だ」という一節があった。
これは正直危ない思想だと思う。平等かどうかはたぶん「選択の余地」(この場合自らカースト
を選べたりとか)があって初めて成り立つものだと(欧米志向の日本では)考えられていて
カーストはこれに当たらない。多様性を受け入れてカーストという階層すらも多様性の一つ
だと結論付けるのは簡単だけど、それってどうなのかな――とも考えてしまう。

では貧困すらも、教育システムの不備すらも多様性として受け入れるのか?
電気がないのも、餓死病死する人が出るのも多様性?

うーーーん、そう考えると納得いきませんわ。恐るべしインドw
インドどうこうとは別に「違いをcoolととらえる」っていうことには憧れを感じたが。


ただインドに行く前にこの著を読んで、実際を検証しに行くっていう意味では
価値のある一冊かも。果たしてどうなんだろー。もしみんながみんなこの本の
様だったら、僕はとんだ勘違い野郎になってしまうw




なにはともあれ「気まぐれロマンティック」はかわいすぎる!!と思う方はぜひw
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
インドの現状とかカースト制の起源は正確に知らないけど…。
カースト制っていう、生まれついたが最後、抗いようのない身分制が存在するっていうのはすごい権力性があって不平等な印象を受けるねー。

それよりも何よりも、「気まぐれロマンティック」激しく同意w
すでにPVはブックマーク済@youtubeというwww
2009/05/25(月) 11:43 | URL | りょーたろー #-[ 編集]
Re: No title
>>りょーちん
インドが知りたいならスラムドッグがおススメらしいぞイ!
俺も今度見てみようと思って。ともあれPVはヤバいなww

あれ?今日がthe dayだっけ??朗報待つ。
っていうか飲み企画するわ。3時間以内くらいにw
2009/05/27(水) 11:28 | URL | しょーご #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。