思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究について考える

論文いろいろ読んじゃってます。


基本的に僕のやってることは大学に縛りつけられる内容的にもSMな実験系の方々とは異なり
本を読んで、読んで読んで、論文を読んで読んで読んで、そんでもって現地で実践比較評価するって
いうユルイ系です。実は家でも問題なくできます。実はサボるの超簡単です。

もうはたしてどこに「理系」の要素があるのか全く分からんw
りょーちん氏に「それって理系じゃなくね?」とコメントをいただき、やまぐちいずみ氏に「どんどん文系
になってくなw」とコメントをいただいたわけですが、よく考えたらそうです。もう僕すっかり文系です。
たぶん卒論も数式とか一切使わないし、むしろ計算全くしないっす。完全に社会科学だから。
なんか今までやってきた理系のお勉強が全く使えないのがチト悲しいけどしゃーないのかなぁ・・・。


卒論といえば、海外をテーマに書く気満々だったのにどう考えてもあと半年で海外で社会科学
は無理。常考(常識的に考えろ)。ということ先日国内テーマに切り替え決定。
それとともに秋のインドネシア行きが来年以降に延期になったり(超楽しみにしてたのに・・・)と
やや変化色の強い毎日を送ってます。研究室みんながインドネシアに行ってる間僕は何を
すればいいんだww


さらにそれに伴って、来年以降どうしていくかもちょっとずつ考えが変わっていく。
協力隊!と思ってたのに、色んな人に話を聞くと「えーおススメはしない」と口をそろえて言われ
留学で現地に飛びこむのもありだけど、そこで何が得られ・・・っていうのを考えるとうーん。


今まで見えなかった選択肢、視野が見えてきた分いろいろ迷う、考える。いや迷える考えられる。
大学出た後のゴールはいまんとこ変わらないから、それに向けて最も自分が力をつけれそうで、
さらに興味を持てそうな選択をしたいな-。まぁそれが最強に難しいんす。

「学問」をするっていうことは究極な言い方をすると、一般的に文理とはず

対象を眺める

っていう行為の最大進化形だと僕は思う。この考えがすでに文系的?w

そのためにまずは「対象を選ぶ」という行為があって
(卒論の場合でいえば、フィールドでやるのか?じゃ海外でやるのか?とか)

「どう眺めるのか選ぶ」というのが次にある気がする。
(自分の研究者としての立場、社会学者になるのか?統計学者になるのか?数学者になるのか?)
同じ対象を見ても、このアカデミックな立場が異なれば全く違ったものに見えるだろうし
だからきっと違った研究になるだろう。

教授とこの話をしたら「レンズ」の話で例えてくれた。
アカデミックな立場はレンズにたとえられると。対象を何らかの学問分野のレンズを通して見る。
そのレンズを数多く持ち合わせて、さらにそれを自分流に磨ける人間が研究者だということだった。
さらには一つの研究をするにも、一つのレンジしか使っちゃいけないという決まりはなく、一つの
レンズをベースにして、さまざまなレンズを併用していくべしということだった。


うーーーむ。
難しすぎだろww


さらには研究はやっぱり実践・貢献とも結びついていたいと僕は思う。
フィールドワークをして地域研究してはい、おしまい、ありがとうございました。っていうような
人間にはなりたくない。研究が何らかの形で対象地域にヨイモノをもたらし、それによって
研究者としても研究対象としてもwin-winな関係を築いていける、そんな方向性を模索していけない
かなーーー。
やべぇこれもまた難しそうな課題です。




朝っぱらからこんな重たい事を考えたり。

やばいな、ちょっと最近ループ気味だ。よろしゅうないww
誰かちょっとまったりいろいろ真面目なお話させてくださいヨ!



ベンキョウムズカシーーー
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。