思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】ノルウェーの森(下)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)/村上 春樹

¥540
Amazon.co.jp

ウソみたいにあっという間に読み切ってしまった。
それくらい物語に引き込まれ、本の魅力に取りつかれてしまったのかもしれない。

下巻は本当に死とセックスの話だった。
物語の終末はある程度予想を裏切らないし、だから大逆転もない。
なんでこんな多くの人が死んで多くの性が描かれるのかなーなんて疑問に感じたけどもしかしたら
「死は生の対極にあるものではなく、我々の生のうちにひそんでいる」を反映してる気もしなくもなーい。どうなんだろう。
ここまで暗いストーリーなのに最後で光を見出して終わってホントに良かった。
あの終わり方がこの作品の価値を何倍にも高めてるんじゃないかな。


まだ村上春樹の作品を読むのは初めてだから何とも言えないけど、すごく言葉が鋭い。
何箇所か目をつけてたけど付箋張ってないし、探すのもあれなので割愛しますが。上の死は生の~しかり。
綺麗な色彩のある言葉というよりは、色よりも鋭利さに磨きをかけた感じ。こういうのも悪くない。好き


今回は友人に借りて読んだけど、今度古本屋に行ったら絶対探して中古で買おう。そう思える本。
本棚にひそませておきたい本。う~~~ん面白かった!!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。