思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには芸術に触れてみたり

毎日毎日テニスをしてて体はボロボロ心はギスギスと非常にまずい状況だったので
今日は一日デトックス休暇! 体も心も休めーの。

今年の目標で「芸術に触れる(特に美術)」っていうのを掲げている野性児がいるのを聞きつけた
大学で有数の仲イイ友人が誘ってくれた都立芸術高校の卒業展覧会(彼の弟も作品を出してるとかで)へ
友人とその彼女とその友達、というなかなか秀逸なwメンバーで行ってきた。

もともと僕は見た目通り芸術とかそっち系はからっきしダメで、中学の美術の成績は基本3で
筆箱のスケッチをしたにもかかわらずし先生に「この毛虫がどこにいたかもわかるといいわね」
言われたという伝説を持っている。筆箱を書いたのに毛虫って一体どうなってるんだww

今でも極力絵を避けて生きてるし、そんな生き方が自分を芸術という文化から離れさせている気がするw

でもそろそろそんな殻も打ち破らねば・・・と思い09年は芸術を理解する男を目指しているわけで。
こういう友人のお誘いってすごくいい機会よねっと思いとりあえず行ってみることに。

************************************

会場に入ってみてまず驚いたのが作品の大きさ!
あんなに大きな作品を高校生一人が作り上げるなんてびっくり。特に友人の弟氏の作品は超がつくほど
大きかった。3.5m×2.5m以上はあると思われる巨大な作品。あれを細部にわたって埋めていく
時って一体どういう心情なんだろう。喜びなのか不安なのか、うーん想像もできない。





作品の多様さについても、へええ・・・とうならされた。
絵しかないものだと思ったら、彫刻はもちろんのこと置物のような形で展示される作品、ビデオになってる
作品、とホントに自分の表現したいものを自由に表現しているんだな~って思った。
以下にちょっと無断掲載。なかなかびっくり印象的な作品だったから。
迷惑だったら遠慮なくおっしゃってください。




誰もが一目瞭然でわかる東京タワー!下の非常出口の表示と比べてもその巨大さがわかる。
でもでも近づいてみると・・・・



な、なんと全部ビーズでできている!!

全部でいくつくらいのビーズで何時間くらいかけて作ったんだろう・・・。
その100%根気負けしそうな作業をやりきったことに感服です。

目黒でもまだ展示点があるようなので、興味わいた方は是非行ってみてください。
東京都立芸術高校美術科作品展
■日時 3/3~3/8 10時~18時(初日は13時~)
■場所 目黒区民ギャラリー(目黒区美術館となり)
    JR山の点線目黒駅西口、東急目黒線目黒駅 徒歩10分


************************************
こういう作品を見に行くといかに自分のものの見方が偏ってるかという事に気づかされる。

普段「科学」をする者として自分にとって物は「見る対象」よりも「観察する対象」としての色合いが強い

んじゃないかと今日初めて思った。作品に対しても明らかに「観察している自分」がいた。

でも芸術って本当はそうではなくて(「本当の見方」が存在するのかも怪しいけどw)もっと根本に

近く見て、直接感じて、っていうのが大事なんじゃないかな―――。知らんけどw


そのうえで感じるのには大切な要素があって、普通有名な絵画展に行くとその絵が描かれた時の時代背景

、作者の状況などが克明に文章で表現されていることが多い。絵そのものからの刺激に鈍い自分のような

素人はその文章を頼りに、想像を膨らませ、そこで初めて絵を感じて共感が生まれるんじゃないかな。


今回行った作品展は一切学生の状況・コメントなどは提示されずただ作品が並んでいるだけだった。

でもきっとその裏には想像を絶するようなスケッチやリテイクなどなど作業の繰り返しがあるに違いない。

友人の弟氏も相当いろいろ苦労したという事を少しだけ話に聞いた。そういう苦労や思いを作品展に

一切コメントとして出さないことには何かの意図があるのか(はたしてそういうものでは元々ないのかw)

分からないけど、そんなことにも想像を膨らませながら作品を見るとまた一味もふた味も違ったものに

見えたわけです。


************************************

さてそんな堅い芸術論を語った後は、少し上野公園で大道芸人ペッパーゼロ
のショーを楽しんだ後(これが本当に楽しいショーだった!おもわずおひねりを投げてしまうほどにw
どこかで出会ったら時間を割いてでもショー見る価値あり!)ランチは友人セレクの

韓国料理屋「上野 土古里」に。

土古里 上野バンブーガーデン店[炭火焼肉・韓国料理]


JR 上野駅 1分
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-52 バンブーガーデン3F

ぐるなびで詳細情報を見る

※2009年2月19日現在の情報です

しのばず改札から徒歩1分かからないくらいw近いww
ランチは1000円強で楽しめる。夜は・・・ちょっと手が出ませんw
アツアツの石焼ビビンバは辛過ぎず素材の風味が生きてておいしいです。おススメ!
韓国料理だったら上野で一番おいしくて有名っぽいですよ!




ひたすらにゆっくりいろんなお話をしながら休日(世間は平日か)の午後は足早に時を進めたのでした。




↑お前が芸術語るかwwwwってなった比較的まともな方はぜひw

************************************
そんなこんなで明日はいよいよ卒検!あ―――頼むからハプニング起きないでくれ。一発合格祈願!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。