思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の気配

まだまだ日中は熱いけど、それでも所々に秋が近づいているのを感じる。
いや、近づいてるっていうかもう実は秋なのかもしれないけどw

朝起きたときに寝汗の嫌悪感が沸かないとき

夜遅くまで勉強やら読書やらしててふと没頭から離れたとき

昼が夕方に差し掛かるときの日差しを感じるとき



個人的には夏が好きだから少し寂しい気もしないではないけど、
こういう季節の変わり目になると四季のある日本の良さを実感する気がするのは私だけでしょうか。


まぁもっとも四季のない海外で生活したことなんだけどww




冬は雪が降るしウィンタースポーツの燃えるから好き!!
春は緑が芽吹いて桜もきれいだし美しい物だらけで好き!!
夏は熱いけどあふれんばかりの太陽エネルギーを感じれて好き!!


春夏秋冬の中で、秋って最も好きと断言する人が少ない気がする。
僕もこの夏の太陽が萎え、寒い冬に向けて木々か枯れ絶望だけが残される(言い過ぎw)
感のある秋がすごく嫌いだった。


でも最近(高2くらいから?)年をおうごとにその魅力が理解できるようになってきた気がする。
一昨年よりも去年の方が好きだったし、去年よりも今年の方が秋を待っていた気がする。
自分の中での秋に対する表題が昔は絶望だったのに対し
今年は収束という表現がしっくりくる。

夏で爆発したエネルギーが冬に向けて収束し
植物の繁茂も来年の成長に向け収束する。
動物の活動も、秋虫はピーピー鳴いているが収束していく。


これはかなり上手いこと言ってると個人的には思うのですが。
果たしてもっと上手い表現の仕方はどのようなものがあるんだろう。


枕草子には「夏は、夜・・・・秋は夕暮れ」とあるがこれはどうなんだろうw
東京の夜は少なくとも「をかし」とは言えない気がする。あのムシムシ感クーラー無しだと
汗だくになる嫌悪感。もはやをかしより暑すぎて「オモローーー」か。

逆に個人的には「秋こそ夜」な気がする。今はまだ夏の香りが残る秋の夜だけど、
もう一ヶ月、二ヶ月もすれば晩秋になり寒さすら感じるだろう。(11月なら当たり前かw)
深まる秋を一番感じられるのは「闇もなほ」の夜更けに感じる秋の深みじゃないかと最近思う。


そんな情緒なことを考えながら明日は

ミクロ経済学テスト


農学部なのに、早まってこんな教科をとったがためにここまで苦しむとはw
情緒のかけらもないこの教科、今回のテストの山場か。頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。