思った事を書く,書きたい事を書く。それがきっと将来の価値になる。2011年1月~2013年1月まで青年海外協力隊としてエルサルバドルで活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08夏フィリピンから考える ~フィールドワークの難しさ

今回からしばらくフィリピンで感じたことについて、自分なりに整理していこうと思います。
まぁもちろん気ままに気まぐれ更新になることは目に見えているのですがww

あの短い期間で膨大な量の作業をし、感情に触れるわけできっと整理をしなかったらそれらは全部
吹っ飛んでどこかに消えてしまう気がして…。どんなに拙くても幼くても自分で感じたことを今ここに
とどめておきたいと思うわけです。(かっちょいいでしょw


自分は途上国をはじめとする未知の領域で開発をするなら、やっぱりそこの生活に密着した形で
生活をともにしながらやっていきたいと思うタイプの人間である。いうなれば

bottom up型の開発

というやつだろうか。実際はそんなかっこよく考えているわけではなく興味の部分が大きいわけだけどw
社会学の分野(もちろん社会学がどういうものか知っているわけでもないがw)も大きく含んだこういう形を
実現していくためには、やはり現地を知る必要がある。

そこで今回やってみようと思ったのが、

先住民アエタ族にさまざまなインタビュー

をしてみようという作戦
だったのでした。
衣食住の生活から生活リズム、行動範囲、季節ごとにやることなど興味があることはいくらでもあった、
といっても過言ではない。日本でいくつか聞きたいことをリストアップしてから実際に臨みました。
(実際にインタビューでは英語は通じないので現地の学生に訳してもらいながらの質問でした)

正直この作業はとても簡単で、かつおもしろいものになるだろうと僕は想像していた。
彼らの生活を知ってそのうえでまた、彼らと一緒に新しいプロジェクトを考えて、
少しでもいい(何が?って言うのは置いといて)方向に生活を持って行けたらこんな素晴らしいことは
ないだろうと思っていたわけです。


でも実際にやってみると、リアルに触れてみるとコトはそう簡単ではなかった。
ご飯の話をした時に、

何を食べるのか?→どこで得るのか?→いくらで買うのか?→お金はどうやって稼ぐのか?

という順で質問を進めていってみた。
しかし、こうやって聞いているうちに彼らの現状を見つつ、質問が結構プライベートでエグイ部分だという
部分に気付き始めていた自分がいた。


そんな部分にまで踏み込んで自分はどうするのか?
彼らだってそんなこと聞かれたら嫌に決まっている。
それが援助・支援につながればまだ正当化することはできるかもしれない
でも学生の自分がそのきわどい質問をしていったい何ができるのか?

答えなんかわかりきっている

何もできない


そう。これがきっと全てで、今の限界、または将来的にも大きな壁となって出てくる気がする。
質問すれば、いやもしかしたらその人たちに関わるだけでも、ある程度何らかの責任を負うことに
なるんじゃないかと、瞬間的に感じたわけです。まだその責任がいったい何で、どうして生まれるのかは
わからないけどそんな気がした。今の身分では踏み込めない部分が確かにある気がしたわけです。

将来本当に自分がプロジェクトを立てることになったら、下調べをする段階でもしかしたら
こういう質問をすることが出てくるかもしれない。そしてもしその下調べの土地を切り捨てることになったら・・・
自分は立場を利用して、プライベートに踏み込み荒らしただけのクソ野郎になってしまうんじゃないか。

もしかしたらそういうことは日常茶飯事で起きているのかもしれないけど
そういう状況になれることなく、慣れたとしてもいま感じた「責任」やらなんやらっていうのを
常に考えていける自分でありたいな、と感じました。


********************************

昨日今日は雨の中でテニス。正直まだ体調も万全じゃないし厳しいわ・・・
ってか最近(フィリピンからw)太陽を見ていない気がするw生きてるのかなあいつww
ちなみに今接近中の台風15号はフィリピンで遭遇してきました。なにこれww(遭遇2回目wこれはめずらしかろう)


明日から冬学期!!



スポンサーサイト

転載・現実世界にただいまを

テニパ秋合宿&フィリピンのスーパーコンボから昨日無事に帰ってきましたーー。
ずいぶん夢のような非現実的な日々を送っていたため、今がすごく不自然に感じられる。
ふと世間を見渡すと

麻生太郎がいつのまにか首相になってるーーーwww
太郎君とは僕の小学生の修学旅行で無駄に握手をした仲で(仲なんか?w)
なんかちょっと興奮してみたり

いつの間にか日本秋になっとるーーww
なんだこの寒さw気温カムバック!!ここでおしゃれに「あちゃーまだ秋服かってないのにー」とか
言いたいところですがもともと秋服とかもってねーーーwそういう人種じゃない自分が切ないですw


という感じで気分は玉手箱を開けた浦島さんです。
雨ばっか降るテニパの秋合宿も、常にゲリラ豪雨(もはやゲリラじゃねぇw)のフィリピンも
竜宮城とはほど遠いけれども。羽ばたく前と変わらないのは

巨 人 と 阪 神 の ゲ ー ム 差

くらいじゃないかこの野郎!w
そんなわけで今日は世の中に追いつくべく、少々の疲労をぶっ飛ばすべく一日部屋で
vivaグータラな生活を送っていたわけですが、さすがにあまりに非生産的すぎるので
ある程度出来事を日記に残したいと思ったり思わなかったり。



************************************
まずはテニパの秋合宿。
ものすごい微妙なタイミングになったけど(テラ遅い)19のみんな一年間お疲れ様!
個々人にいろいろ言ってみたいこと聞いてみたい話はあるけどそれはまたなんかの機会として
一年間やってきたいろんな思いとこれからの期待または不安が入り乱れるのが今の時期だ
と思う。一年間の経験と思い出を胸に次の自分のスタンスを見つけてほしいなと強く思います。
それがテニスであれ、テニパであれ、何かほかのことであれ、きっと見え方は一年前と
違ってるはずだから、自信を持って次の後悔しないステップを踏み出してくらはい!
まぁ固いことは抜きにしてまた飲みたいですな。


20はマイミクにはちょっとしかいないけど
きっとすごいエネルギーのある学年だから一年間爆走してほしい。みんなでちょっとずつ周りを
見ながら、いろんなわき道にそれながらもまっすぐ20代を走ってほしいなぁ。サークルがまた
新しい色に染まっていくのが楽しみ!!一番言いたいのは仲良くしてくださいwということですが。


うーわなんだかいいこと言った気分w
さすがは元トレリーであるww


************************************
そしてそして

またリア充ぶってフィリピンに行ったりしてみましたw今回は

・発展途上国で夜行バスを利用、しかも午前3時に田舎のバス停で降ろされる
・英語の通じない先住民のおうちにホームステイ
・え?ホテルって何ですか?一日もホテル予約せずに行ってみる

という比較的死ねる要素がたくさんあったのですが、なんとか五体満足・頭髪不満足のまま
無事に(?)帰国することができました。今考えても生きててよかったww
さすがに二回目ということである程度向こうの勝手もわかってるし、抜き所(っていうのは
フィリピンパブっていう意味ではなくw)と締め所もわかってるので前回ほど疲れなかった
気がする。これをやると少々危ないなっていうのと、これはやってもまー大丈夫っしょっていうのが
わかってると格段に楽になるもんですね。

いろいろ感じたこととかはありましたが、そんなのmixiに連ねても面白くないので
細かいことはブログに譲るとして、特に印象深かったことをダイジェスト形式でお送りします。


・テラ雨季!乙
まーーーじ毎日毎日雨ばかりでどうしようもねぇ。
雨季ってことは知ってたけど前回の経験上傘を持っていかなかったのが正直命取りになった。
フィリピン都心の空気すごく汚い。そんなところで降る雨ってのはもうスゴイ酸性雨。
それをもろに全身ににかぶるわけですよ。ただで日本でも来てたのにメデタク



髪 の 毛 オ ワ タ (^O^)/



になりすた。
帰ってからシャンプーした後の悲壮感は正直半端なかった。どん引き。
将来アートネーチャーにお世話になるとしたら絶対賠償請求したるw

・先住民アエタ族が本当に衝撃的
詳しくは写真を見てほしいけど、改めてこういう文化に出会えることに鳥肌が立つくらい感動。
同時に文化とかの難しさも感じた。これは長くなるので興味のある人はをのうちブログ
を読んでほしい。

・カブトムシキターーーー

ほんとはアトラスオオカブトっていうマジかっこいいやつ探してたけどこいつでも満足。
メスなのにツノがあるとか。欲張りすぎだろ。ちなみにすげーパワーが半端なかった。




・国 境 な き 変 顔 
国籍はもちろん違う、むしろ言葉も全く通じない。
とてもシャイで最初は写真すら撮ることが難しかった。
そんなこと次第に心を通じ合わせて撮ったのがこの写真





国境なき変顔!
わかってもらえるだろうか、この写真が撮れることがどれだけすごいことか。
正直これはすごいことだと自分でも思う。むしろ今回の旅行でいちばんの収穫かも!
変顔は言葉の壁を超えた!!viva変顔!もはやこれは感動の領域ww


ここからは少し大切なお話
僕は文化とは根源的には人間の欲求から派生し成長し出てくるものじゃないかと感じる。
自分を表現したいという気持ちが音楽だったり、絵だったり、文学だったりに現れる。
一方で人間の三大欲といえば食欲・睡眠欲・性欲が挙げられる。
食欲は食文化として現われて、それはそれでとても興味深いし面白い。いろんなところで
紹介されるしね、旅番組で。睡眠欲は正直文化として現われてるのかよくわからない。
そんなこんなで僕が目をつけたのが


性欲!!

結局それかいって感じですがこれは非常に面白い題材だと思う。
各国の性文化ははたしてどのようになっているのか、これにはきっと宗教的な影響
があったりとか、政治的、思想的な影響があったりとかするに違いないと常々
(というわけではないが)思っているわけです。そんな中でも一番チープで
庶民的なエロ本を比較するのはきっとすげーーー面白い研究になるに違いない。


あ、こういうの嫌いな人は**まで読まないことお勧め。まー嫌いな人なんていないと思うがなw

前回はひよってエロ本を買うことができなかったけど、旅先の恥は・・・っていうし今回は
買ってみました。(しかもトランジットで降りた香港でも買うことに成功した)

ちなみに日本のエロ本は国際的に非常に評価が高くてw中国で日本のエロ本を売ると
相当お金になるらしい(ちなみにエロ本の持ち出しは犯罪です、税関で引っ掛かります)。
万が一知らない人のためにベースの知識として日本のエロ本について簡単にまとめると
知っての通りコンビニで700円前後で売られている。多様な趣味に対応しているが
全部モザイク。ではここで少し比較してみたい。


・フィリピンのエロ本
普通にコンビニに並んでいる。ビニール包装。日本円で300円くらいw
きわどーーーく見えないようになっている。そうあたかも日本のフラッシュとかフライデー的な感じ。
ちなみに女優はすごい美人ばかり。みんなクリステル。扇情されないけど一見の価値はある。

・香港のエロ本
コンビニには置いていない。露天みたいなところで購入。日本円で1500円くらい。高けぇよ。
中身はマジ終わってる。ノーモザイク。えぐ過ぎるwポーズが決まってる。つまらん。日本でいう
裏本みたいなかんじ。でも女優の質も悪いし、げんなりするw逆の意味で一見の価値あり。


この二冊は伊藤家書庫に永久保存版としてかなりい状態で保存されているので興味の
ある方はいつでもどうぞwっていうか海外旅行に行く人は勇気を出して僕にエロ本をお土産で
買ってきてください。高値で買い取ります!!www



************************************

・旅先で必死こいてレポーとやったw
テスト直後に合宿行って結局提出できなかった必修レポをフィリピンまで持ち越してしまった。
まさかの畿内とトランジット中に仕上げるという強行wだがしかし教授のアドレスがわからず
向こうのインターネットの勝手もわからず、ひたすら焦る。なんとかメンバーをジープに待たせて
アドレスをネットでゲットして、添付して送信!!これでやっとキツカッタ3年夏が終わったー
と感傷に浸った。


家に帰ってメールボックスを見てみると


Mail Delivery Subsystem


あれ?変な人からメール来てる。これは誰だろうな?フィリピン人?


・・・・・・・
(訳)
君が送ったアドレスじゃ誰にもメールは届かないぜ。もちろん単位も届かないぜwww




必 修 オ ワ タ www 涙目




・帰国してケータイ問い合わせた

なんとメールが34件も来てた。うぉい!なんだこの自分に対するニーズはw
友達がたくさんいるっていうのはなんて幸せなことなんだ。結構興奮した。

よく内容を読んでみた。

4件が個人宛のメール

30件がメーリス・メルマガ


正直フィリピンに帰ろうかと真剣に悩んだw


************************************


そんなこんなのフィリピンだった。(この日記じゃ何もわかんねーーww)
相変わらず旅に出ればいろいろな物・人に出会い、感情の滝に打たれた気分になるわーー。
そんな滝に打たれてまた一つ自分の中でコマが進んだ気がする。「フィリピンに行く3歩
進む」的な。いまも同時進行形でいろいろなところでいろいろな時間が流れてるかと思うと
ゾクゾクするし、まだまだ触れていない様々な可能性を感じることができる(気がする)。

交通の発達で確かに地球は狭くなったかもしれないけど、”世界”は相変わらず広い。


きっと地球一周してもむしろ何周しても世界を把握できるとは思わないけど
だからこそ、広い視野を持って、受け入れる心をもって、これからもいろんなものに触れてい
きたい、そう帰りの飛行機で切に感じ決意したわけであります。



そんな感慨にふけりながら成田に着いた。

その後ものの30分・空港内で

元クラの大屋君と

岩沢おっこーにあった



・・・うん、わかります 世界って意外とせまいんだよねww 



おしまい

フィリピンへ

というわけで

明日からフィリピン五泊六日のたびに旅立ちます

23時ころに秋合宿から帰ってきて明日は8時半に成田集合・・・。何この強行ww
そういえば前回も忙しいさなかで行ったもんで体力maxでなかったけど今回も
その類です。体調崩しませぬように。。

物質的な荷づくりはもちろんまだ終わってないのですが、頭の中の荷造りを先に。
ということで今回目標とすることをメモがてら書いていきたい。

□英語での議論にカットインする
これは最低限やってみたい。正直文法が間違っていたっていい。うまく表現できなく
たってしかたない。でもこういう機会にひよって英語しゃべれないのじゃ進歩がない。
さらにちょっとKYなくらいカットインする積極性を持ってみようと思います。



□毎日英語の読み物から単語を覚えて使ってみる

これも悪あがき的だけど、使った単語は自分のものにできるような気がする。
英語に自信ないとか言わずに毎日8語づつくらいは会話に織り交ぜる練習を
してみたい。


□フィールドワークで学んだことの実戦

前回行った時はなにも勉強していなかったけど、半年でそれなりに本を読み
FWについて少しかじった気になっている。これを今実践せずいつやるか。
ということで英語使えないコミュニケーションかもしれないけど、少なくとも
学生とはコミュニケートできるはずだから、なんかやってみたい。PLAとか?w


□文化にひよらない
前回はバルー(フィリピンの伝統料理・孵化寸前の卵をゆでて醤油みたいなので
味付けをして丸ごと食うというえぐい食べ物)を食べる時にそうとうひよってしまったので
今回はここも果敢に攻めたい。一説にはカブトムシの幼虫を食うとか食わないとかw

□野生動植物の観察
これはやっぱり一生の趣味にしたいから。珍しいものに興味を向けながら
レンズを向けながら、いろいろな話とともに新しいものに触れあっていきたい。
今回特に注目しているのがカブトムシ!アトラスオオカブト(知らない人は要検索!!)
がもしかしたらいるかもしれないという情報が入ったので、現地の学生と
探しに行きたい!アトラスオオカブトいたらテラ感動!!


□お金以上の経験値
これは絶対!今回は母から少し援助をしてもらった。
以前は「自分のお金だからこそ頑張れる、無駄にしたくないから」と思っていたけど
今回援助をしてもらって「人様のお金を無駄遣いだけはしたくない」という気持ちが
強くなった。絶対に航空券含め10万円弱、とりかえし、むしろ得してきてやる。

□スコール経験してみたい
非常に観光的だけどどうせならやっぱりしてみたい。
今年流行りのゲリラとどっちがやばいんだろうか…w


□初カジノで初勝利あげる
最終日にトランジット@香港一泊があるのでここでマカオのカジノに行ってみたい。

□最後に体調管理とペース配分、あと危機管理
当然の部分だけど、最高の旅をするには欠かせないと思う。
がんばりすぎない、よく寝る。むちゃはしない。
今回結構不安だけど、命大事に!海猿みたいだけど「生きて帰ってくる」w


そんな感じであります。うん結構整理できた。
あとエロ本も買ってこなければ!これは非常に興味深い!!


PC持っていくしネットもつながるカモなのでもしかしたら現地からちょっと
更新するかもです。5%くらいw

ではではいってきます!

秋の気配

まだまだ日中は熱いけど、それでも所々に秋が近づいているのを感じる。
いや、近づいてるっていうかもう実は秋なのかもしれないけどw

朝起きたときに寝汗の嫌悪感が沸かないとき

夜遅くまで勉強やら読書やらしててふと没頭から離れたとき

昼が夕方に差し掛かるときの日差しを感じるとき



個人的には夏が好きだから少し寂しい気もしないではないけど、
こういう季節の変わり目になると四季のある日本の良さを実感する気がするのは私だけでしょうか。


まぁもっとも四季のない海外で生活したことなんだけどww




冬は雪が降るしウィンタースポーツの燃えるから好き!!
春は緑が芽吹いて桜もきれいだし美しい物だらけで好き!!
夏は熱いけどあふれんばかりの太陽エネルギーを感じれて好き!!


春夏秋冬の中で、秋って最も好きと断言する人が少ない気がする。
僕もこの夏の太陽が萎え、寒い冬に向けて木々か枯れ絶望だけが残される(言い過ぎw)
感のある秋がすごく嫌いだった。


でも最近(高2くらいから?)年をおうごとにその魅力が理解できるようになってきた気がする。
一昨年よりも去年の方が好きだったし、去年よりも今年の方が秋を待っていた気がする。
自分の中での秋に対する表題が昔は絶望だったのに対し
今年は収束という表現がしっくりくる。

夏で爆発したエネルギーが冬に向けて収束し
植物の繁茂も来年の成長に向け収束する。
動物の活動も、秋虫はピーピー鳴いているが収束していく。


これはかなり上手いこと言ってると個人的には思うのですが。
果たしてもっと上手い表現の仕方はどのようなものがあるんだろう。


枕草子には「夏は、夜・・・・秋は夕暮れ」とあるがこれはどうなんだろうw
東京の夜は少なくとも「をかし」とは言えない気がする。あのムシムシ感クーラー無しだと
汗だくになる嫌悪感。もはやをかしより暑すぎて「オモローーー」か。

逆に個人的には「秋こそ夜」な気がする。今はまだ夏の香りが残る秋の夜だけど、
もう一ヶ月、二ヶ月もすれば晩秋になり寒さすら感じるだろう。(11月なら当たり前かw)
深まる秋を一番感じられるのは「闇もなほ」の夜更けに感じる秋の深みじゃないかと最近思う。


そんな情緒なことを考えながら明日は

ミクロ経済学テスト


農学部なのに、早まってこんな教科をとったがためにここまで苦しむとはw
情緒のかけらもないこの教科、今回のテストの山場か。頑張ります。

恋空

携帯小説が映画化され、それがまた今度はマンガ化、ドラマ化されるっていう
絶対最初に作った作者は想像もしないであろうサクセスストーリが裏に隠れるこのお話ですが
、昨日どういうわけか知らんけど偶然見るドラマを機会があった。正直

酷すぎるwwwあんなのマーケットで成立するのかw

いえ、ファンの人がいたら申し訳ないですが。
何かあれば炎上しない程度に反論してくださいw





映画版を見た友人が「ギャグとしてはなかなかイカス」といっていたがその気持ちがよく分かったw
ストーリーの大枠は大体皆さん御存知だと思うので割愛しますがあの主人公の

感情・行動の揺れ幅がハンパなさ過ぎて、
周りの見えてなさ、空気の読めなさがハンパなさ過ぎて、
自分もしや予知能力?と思うくらい展開も読めw

役者が大根なのか脚本がナスなのか知らないけどまさに「酷い」と表現されるべくして
されてるドラマだと思いましたw

むしろあんな物語が流行してしまうような社会が心配ww
どこに共感するのか、何処が面白いのか全然わからんがアレに共感するような人間が
増えたら日本の未来はお先真っ暗だと思うのは私だけでしょうかwドラマの内容よりも、
あの携帯小説が出て、映画化、マンガ化、ドラマ化されるっていうサクセスストーリーを物語りにした方が
よほど面白かろうwwそれならそれで映画館まで見に行く気になれそうw


携帯小説に関しては

「なぜケータイ小説は売れるのか」(本多透・ソフトバンク新書)

で解説されていてなかなか面白いのでこちらは(少なくとも恋空よりは)一読の価値ありますw
もしアレならお貸ししますので一声賭けてください。
プロフィール

shogooon

Author:shogooon
青年海外協力隊村落隊員として11年1月よりエルサルバドルで活動中。東京大学農学系大学院を休学。貝養殖という未知と地域開発という漠然の間で、日々自分の無力さを嘆きながら迷走中。

マニラのスラムにホームステイしたり、インドの無電化村行ったり、限界集落で卒論書いたり、エルサルバドルで貝養殖したり。

ユルく楽しく生きる中に洗練された深さを見出したい。


東大生ブログランキング

↑協力隊活動の広報のためにも切実にPV数がほしい今日この頃。1日1クリックよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
もろもろ達
カウントダウンタイマー
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。